FXあれこれ

MT5は利用する価値があるのか?MT4とMT5を比較する

MT5は利用する価値があるのか?MT4とMT5を比較する

海外FX業者で主流のトレーディングソフトと言えば、MT4(メタトレーダー4)。

その次のバージョンとしてMT5(メタトレーダー5)というソフトがあります。

ここでは、MT4とMT5を比較してMT5は利用価値があるのかを考えていきます。

どちらのソフトを利用するかの参考にしてみてください。

なお、時間がない人のために、この記事でわかることを表にしてにあげておきます。

MT4とMT5の比較表
MT4/MT5MT4MT5
動作スピード普通サクサク
分足・時間足9種類21種類
気配値情報少ない多い
EAの種類とても多いMT4より少ない
カスタムインディケーターの種類とても多いMT4より少ない
アップデート回数ほぼない多め
対応海外FX業者ほぼ全ての業者一部の大手業者のみ

動作スピードの比較

MT5の方が動作スピードが速い!

MT5とMT4の動作スピードを比較すると、MT5の方がサクサク動きます。

MT4も特段遅いという感じもしないのですが、MT5を使った後にMT4を使うとややもっさりした印象を受けます。

MT4はパソコンのメモリの消費量が少ないという利点がありますが、MT5もメモリは1Gも使いません。

そのため、現在の標準的なパソコン(メモリ4G~8G)であれば、MT5が高負荷ということもありません。

私の場合は、特殊なインジケーターを使わない裁量トレード中心なので、現在はXMでMT5を利用してトレードしています。

分足・時間足の比較

MT5の方が細かい分足・時間足の表示が可能!

MT5はMT4よりも細かい分足・時間足の表示が可能です。

MT5で表示できる足

M1(1分足)、M2(2分足)M3(3分足)M4(4分足)、M5(5分足)、M6(6分足)M10(10分足)M12(12分足)、M15(15分足)、M20(20分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H2(2時間足)H3(3時間足)、H4(4時間足)、H6(6時間足)H8(8時間足)H12(12時間足)、D1(日足)、W1(週足)、MN(月足)

※赤字がMT4にはないもの

MT4で表示できる足

M1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H4(4時間足)、D1(日足)、W1(週足)、MN(月足)

私の場合は、MT4にある足で事足りていますが、色々な足を試してみたい方などにはMT5はいいと思います。

気配値情報の比較

MT5の方が気配値情報で見れる項目が多い!

MT5はMT4よりも気配値情報で見れる項目が増えています。

※下の画像は選択できるタブを並べて作りましたが、実際はタブでひとつずつしか見れません。

<MT5の気配値情報>

銘柄
→ すべての銘柄の買い気配・売り気配を表示

詳細
→ 選択した銘柄の詳細情報を表示(MT4にはない)

プライスボード
→ すべての銘柄についてワンクリック注文が可能(MT4にはない)

ティック
→ 選択した銘柄のティックチャートを表示

<MT4の気配値情報>

通貨ペアリスト
→ すべての銘柄の買い気配・売り気配を表示(MT5の銘柄タブと同じ)

ティックチャート
→ 選択した銘柄のティックチャートを表示

私の場合にはチャート中心でトレードしているのであまり利用はしていませんが、見れる項目が多いのはいいと思います。

カスタムインジケーター・EAの比較

カスタムインジケーター・EAの種類はMT4の方がまだまだ多い!

カスタムインディケーターやEA(自動売買のプログラム)の種類は、MT4がまだまだ多いです。

特に、EAに関してはMT4の方が圧倒的に種類が多く、MT5はまだあまりありません。

この理由のひとつとしては、MT4とMT5は互換性がないため、MT4でつくったEAをMT5で利用するためにはプログラムを書きなおさなければならないという手間があげられます。

そのため、EAを利用した自動売買トレードをしたい場合は、現状MT4を利用すべきと言えます。

ただ、カスタムインジケーターに関しては、MT5も基本的なものはほぼ網羅されています。(MT4の方が種類はやはり多いですが)

特殊なインジケーターをMT4で利用していない限り、MT5に移行して困るということは少ないでしょう。

MT5で利用できるのインジケーターのサイト

私の場合は、EAは利用しておらず、インジケーターも基本的なものしか利用していないためMT5で何の不便もありません。

アップデート回数の比較

MT5はアップデート回数が多く、MT4はアップデートはもうほぼない!

MT5はMT4の開発元であるMetaQuotes(メタクオーツ)社ではMT4の開発終了を宣言しており、MT4のアップデートは2017年を最後にありません。

MT5の開発に力を入れて、MT4利用者を移行させていきたいという意向のようです。

事実、MetaQuotes社の公式HPではすでにMT4のダウンロードはできなくなっています。

対応海外FX業者の比較

MT5に対応しているのは、一部の大手海外FX業者のみ!

MT5を利用できるのは、XMFBSなどの一部大手の海外FX業者のみです。

一方、MT4はほぼ全ての海外FX業者で利用可能です。

MT5が普及していくには、多くの海外FX業者が対応していく状況にならないと難しそうであることがわかります。

私の場合は、XMをメインにトレードしているのでMT5を利用しています。

【最大手で総合力NO.1!】XM(エックスエム)の特徴・評価
XM(エックスエム)の評判!最大手で総合力NO.1の海外FX業者 この記事でわかること XMという海外FX業者の特徴と評価 結論:XMはかなり優良な海外FX業者 以...

MT4とMT5の比較まとめ

MT4とMT5の比較表
MT4MT5
動作スピード普通サクサク
分足・時間足9種類21種類
気配値情報少ない多い
EAの種類とても多いMT4より少ない
カスタムインディケーターの種類とても多いMT4より少ない
アップデート回数ほぼない多め
対応海外FX業者ほぼ全ての業者一部の大手業者のみ

MT5は、トータルで見て利用価値があるトレーディングソフトですが、対応業者が少ないのが難点。

自分が使っている海外FX業者がMT5を利用できるのであれば、自信をもってMT5の利用をオススメします。

ただし、EAなどで自動売買をしている方には、EAの種類が豊富なMT4をオススメします。