海外FXのシステム

海外FXに関してよくある疑問に対する答え

海外FXに関してよくある疑問に対する答え
この記事でわかること

  • 海外FXは違法?危険?に対する答え
  • 海外FXで英語は必要?に対する答え
  • 海外FXで稼いだという理由で納税しても大丈夫?に対する答え
  • 海外FXで稼いだことは会社にばれる?に対する答え

海外FXデビューする前に考えるであろう疑問についてまとめておきます。

海外FXは違法?に対する答え

海外FX業者でFXをすることは、全く違法ではありません!

海外FXは違法というイメージがある方もいるかもしれませんが、全く違法ではありません。

海外法人のFXサービスを利用したところで、「日本の金融庁の規制を受けてない業者を利用した」と捕まることはありません。

ただし、当然ながら海外FXで稼いだお金を脱税したら法律違反ですので、気をつけましょう。

海外FXをやって捕まったみたいな話は、海外FX業者の利用ではなく、ほとんど脱税なのが実際です。

なぜ海外FXは違法という話がでてくるのか

日本の金融庁は、日本居住者が海外FX業者を利用することをあまり快く思っていない節があり、海外FX業者に対して「無登録業者」として警告を出しています。

※ここでいう無登録とは金融庁に無登録ということ。

警告が出されているFX業者と聞くと、危険な業者をイメージしてしまいますが、主要な海外FX業者は海外の金融監督機関に監督されています。

そのため、金融庁から警告がでてるから直ちに海外FXは違法で危険という話は的外れということになります。

また、海外FXで稼いだお金をばれないだろうと脱税して捕まる人もいるため、海外FXは違法というイメージができているというところもあります。

参考:金融ライセンスの有無でわかる海外FX業者の安全性

海外FXは危険?に対する答え

金融ライセンスを取得し、顧客資金を分別管理している業者を選べば安全!

海外FX業者は玉石混合ですが、きちんと金融ライセンスを取得し、顧客資金と海外FX業者の運営資金とを分別管理しているところを選べば安全と言えます。

より安全性を求めるなら、独自に信託保全などを導入している海外FX業者を選べば、なおよしです。

参考:金融ライセンスの有無でわかる海外FX業者の安全性

海外FX業者は国内FX業者より安全か?

国内FX業者は、規制の厳しい金融庁のライセンス下で営業しており、顧客資金は信託保全が義務化されています。

一方、海外FX業者は金融庁ほど規制の厳しくない金融ライセンスを取得している場合が多く、顧客資金も分別管理が基本です。

そのため、安全性の面だけ見ると海外FX業者は国内FX業者よりは基本的には劣ると言えます。

ただし、国内FX業者の場合にはレバレッジ25倍などの取引の自由度を損なう規制もあるため、取引スペックという面で見ると海外FX業者を検討する余地があるということです。

参考:海外FX業者の安全性!分別管理と信託保全の違いを理解する

海外FXは英語ができなくても大丈夫?に対する答え

主要な海外FX業者を利用するのに英語は全く不要です!

大手の海外FX業者では公式HP、取引ツールは基本的に完全日本語化されています。

また、日本人スタッフ在籍のヘルプデスクがたいていの海外FX業者であります。

そのため、多少困った程度のことでもメールやライブチャットで日本語を用いてすぐ解決できます。

私はかなり長く海外FXをしてきていますが、英語ができなくて困ったことはこれまで1度もありません。

日本人向けサービスに手厚い理由

世界中でFX取引をする個人投資家のうち57%が日本人というデータがあります。

つまり、日本の顧客の獲得というのは海外FX業者に置いても重要視されている模様で日本人にやさしい海外FX業者がわりと多い印象です。

海外FXで稼いだという理由で納税しても大丈夫?に対する答え

海外FX自体が違法ではないので、普通に納税して大丈夫です

税務署で海外FXで稼いだ旨を説明したところで捕まることは100%ありません。

なので、ビクビクせず普通に納税(確定申告)すればOKです。

私は毎年普通に確定申告していますが、税務署から問い合わせすら来たことがありません。

ただし、海外FX業者と国内FX業者では、稼いだお金にかかる税率が違うため、たくさん稼ぐと国内FX業者よりも多く税金を収める必要があります。(税区分が違うため)

※国内FXで稼いだ場合は申告分離課税で常に20.315%の税率、一方で海外FXで稼いだ場合は雑所得の総合課税なので他の所得と合わせた累進課税になります。

参考:海外FXの確定申告のまとめ(確定申告をする必要がある人、納税額の計算方法等)

海外FXで稼いだら会社にばれる?に対する答え

確定申告の際に住民税を普通徴収にすればばれません!

現在は副業を認めている会社も増えてきていると思いますが、できれば副業の稼ぎは会社にばれたくないもの。

会社に副業がばれるのは、副業の所得を確定申告をした後、会社の給与に副業の所得を足したうえで計算された住民税の通知が会社にいくからです。

会社の給料から住民税を天引きするための市役所から会社への通知です。

会社から同じ給料をもらっている人よりもあなたの住民税が高かったら、副業して他に所得があるなということが会社にばれるという流れです。

これを回避するためにすべきことは、確定申告の際に副業の住民税について自分で納付(普通徴収)を選択するということです。

具体的には、確定申告の際に「住民税に関する事項」欄で「自分で納付」に〇をつければOKです。

こうすることで、会社の給与分の住民税は会社で天引き、副業で稼いだ分の住民税は自分で納付ということになります。

こうしておけば、海外FXで稼いだことが会社にばれることはまずありません。