FX取引の基礎知識

日経225やゴールドをトレード!CFD取引の特徴とFX取引との違い

株価指数や商品をトレード!CFD取引の特徴とFX取引との違い
この記事でわかること

  • CFD取引のメリット・デメリット
  • FX取引とCFD取引の違い
  • 主要なCFD銘柄の特徴

海外FX業者では、FXだけでなくCFDも同一口座で簡単にトレードできます。ここではCFD取引についてまとめておきます。

エヌ
エヌ
FX取引の取引対象は為替ですが、CFD取引の取引対象は日経225やゴールドなど幅広い銘柄です。

CFD取引のメリット・デメリット

CFDは「Contract For Difference」の略称で、日本語でいうと「差金決済取引」を意味します。

差金決済取引とは、売買した時の利益や損失などの差額の部分だけを決済する取引のことです。(FX取引も証拠金を用いての差金決済取引ですので、CFDの一部です。)

直訳すると差金決済取引と略されるCFDですが、一般的にCFDと言った場合には為替や株式、株価指数、原油や貴金属など様々な資産に投資することができる金融商品を意味します。

その中で為替に投資するものがFXと呼ばれており、株価指数だと株価指数CFD、原油や金などの商品だと商品CFD、外国株だと外国株CFDと呼ばれ方をしているということになります。

ここではCFD取引をすることのメリット・デメリットについてみていきます。

CFD取引のメリット

  • トレード対象となる選択肢が増える
  • 取引所取引よりも必要資金が少なくて済む

トレード対象となる選択肢が増える

ある程度トレード技術が身についたあとは、値動きがよいものをトレードした方が効率よく稼げます。(特にデイトレードなどの場合)

FXの通貨ペアだけでも何種類もありますが、そこに貴金属やエネルギー、株価指数などが加われば、毎日なにかしらはよく動いている銘柄があるはずです。

トレード対象となる選択肢を増やして、動いているものをトレードする。

それがCFD取引をするメリットと言えます。

取引所取引よりも必要資金が少なくて済む

CFD取引は、取引所で取引するよりも必要資金が少なくて済みます

※CFD取引は証拠金を用いた差金決済取引のため

例えば、日経平均先物を大証(大阪取引所)で売買しようと思った場合、1枚ポジションをとるのに810,000円、miniでも81,000円が必要となります。(18年4月現在)

CFD取引で日経平均先物を売買した場合、業者にもよりますが50分の1とか100分の1の証拠金があればトレードすることが可能になります。

お金のある人しかトレードできなかった投資対象もトレードできる。

それもCFD取引をするメリットと言えます。

CFD取引のデメリット

  • リスク管理をしていないと資金を減らすスピードが速い

リスク管理をしていないと資金を減らすスピードが速い

CFD銘柄は、値動きが激しいものが多いです。

そのため、リスク管理をきちんとしておかないと一瞬でお金が溶けます。

ドル円などあまり動かない銘柄しかトレードしていなかった人は、特にはじめは注意が必要です。

FX取引とCFD取引の違い

<FX取引とCFD取引の違い>

  1. 取引時間
  2. 取引期限
  3. 証拠金の計算方法

FX取引とCFD取引では上記の3つが異なります。

順番にみていきます。

取引時間の違い

<FXの取引時間>

平日24時間トレード可能。

<CFDの取引時間>

ほぼ24時間トレード可能。

※メンテナンスのための取引不可時間がある。(銘柄によって異なる)

FXは平日24時間取引ができますが、CFDはメンテナンスのための取引不可時間があるため平日24時間取引ではありません。

それぞれの取引できる時間は、CFD銘柄によって異なります。

このCFD銘柄の取引時間については、各海外FX業者のHPで調べることができます。

XMの場合ですと、以下のように取引商品のページの中に取引時間のタブがあるので、そこで確認できます。

XMのCFD取引時間

取引期限の違い

<FX通貨ペアの取引期限>

取引期限なし

<CFD銘柄の取引時間>

先物CFD銘柄については取引期限あり

現物CFD銘柄については取引期限なし

FX通貨ペアに取引期限はありません。例えば、USDJPYは期限なくずっと取引可能です。

一方、CFD銘柄は取引期限があるものがあります。

先物CFD銘柄については取引期限があり、その取引期限までしかトレードできません。

先物CFDの場合、「PALL-MAR20」のようにシンボルの後ろに期限が付くことが多いです。(ちなみに「PALL-MAR20」は2020年3月までトレードできるパラジウムです)

なお、取引期限が近くなると、新しく取引期限が設定された銘柄がトレードできるようになります。(パラジウムの例で言うと、「PALL-JUN20」という新しいシンボルのパラジウムがトレードできるということ)

取引期限の有無も各海外FX業者のHPで確認できます。

<取引期限について詳しく(参考)>

<取引期限の有無(先物CFDと現物CFD)>

・先物CFD

取引期限あり。シンボルの後ろに期限がつく(例:PALL-MAR20)

・現物CFD

取引期限なし。シンボルの後ろに期限つかない、もしくは、Cashがつく(例:GOLD、JP225Cash)

※銘柄のシンボルはXMの場合

CFDには取引期限のある先物CFDと取引期限のない現物CFDとがあります。

先物CFDは取引期限があるため、その期日までしか取引できません。

XMの場合、貴金属CFDのうちパラジウムとプラチナは先物CFDなので取引期限があります。

具体例:PALL-MAR20の場合

このシンボルを日本語で言うと、「パラジウムの2020年3月限(さんがつぎり)」となります。

「PALL(パラジウム)-MAR(3月)20(2020年)」ということです。

※MAR=MARCH(英語で3月)

つまり、「2020年の3月まで取引可能なパラジウム」という意味になります。

上記の例で言うと、取引期限がくるとPALL-MAR20(パラジウムの2020年3月限)は取引不可能になりますが、パラジウム自体が取引不可能になるわけではありません

2020年3月限の期限が近くなると、あらたにPALL-JUN20(パラジウムの2020年6月限)がトレードできるようになります。

※JUN=June(英語で6月)

PALL-MAR20の期限が近くなってきたら、PALL-MAR20のトレードはやめて、取引期限が先のPALL-JUN20をトレードする。

そうすることで年間通してパラジウム自体はトレード可能になります。

証拠金の計算方法の違い

<FX通貨ペアの証拠金計算式>

ロット数 × コントラクトサイズ× 市場価格÷レバレッジ

<CFD銘柄の証拠金計算式>

ロット数 × コントラクトサイズ × 市場価格 × 証拠金率

FXとCFDでは証拠金の計算方法が異なります。

FXの証拠金計算(具体例)

<FX通貨ペアの証拠金計算式>

ロット数 × コントラクトサイズ× 市場価格÷レバレッジ

<条件>

  • ドル円を5ロット買いたい(ロット数)
  • 1ロット=10万通貨(コントラクトサイズ)
  • ドル円の現在のレートが109.20円(市場価格)
  • レバレッジ500倍(レバレッジ)

※コントラクトサイズ(1ロットが何万通貨か)は業者ごとに異なります。1ロット=10万通貨の業者がほとんどです。

5(ロット数)×10万(コントラクトサイズ)×109.20(市場価格)÷500倍(レバレッジ)
109,200円

上記の条件なら約21,840円で1ロットのポジションを持てます。業者の最小取引単位が0.01ロットなら218円でドル円のトレードが可能になります。

CFDの証拠金計算(具体例)

<CFD銘柄の証拠金計算式>

ロット数 × コントラクトサイズ × 市場価格 × 証拠金率

<条件>

  • 日経225を300ロット買いたい(ロット数)
  • 1ロット=1(コントラクトサイズ)
  • 日経225の現在のレートが22,900円(市場価格)
  • 証拠金率は0.5%(証拠金率)

※コントラクトサイズ(1ロットがいくつか)と証拠金率は業者ごとに異なります。

300(ロット数)×1(コントラクトサイズ)×22,900(市場価格)×0.005(証拠金率)
34,350円

上記の条件なら114.5円で1ロットのポジションを持てます。業者の最小取引単位が0.1ロットなら11円あればJP225は取引可能になります。)

FXに比べてCFDはコントラクトサイズが小さい場合が多いです。(1ロットの価値が小さい)

そのため、FXと同様の利益を狙う場合(1pipsあたりの変動金額を同じにしたい場合)には、FXよりもロット数を多くする必要があります。

主要なCFD銘柄の種類と特徴

最後に、主要なCFD銘柄の特徴を簡単にまとめておきます。

※貴金属CFD・エネルギーCFD・商品CFDをまとめて商品CFDとしているような業者もあります。

エヌ
エヌ
CFDデビューするなら貴金属や原油、株価指数などメジャーなところから始めるのがいいと思います。

貴金属CFD

代表的な銘柄:ゴールド・シルバー・プラチナ等

金(ゴールド)は安全資産とみなされているため、景気が悪くなりそうな場面では、リスク回避として買われる場合が多いです。

エネルギーCFD

代表的な銘柄:WTI原油・ブレント原油等

世界の経済成長に期待が大きくなるような場面では、エネルギー需要も増加するため、原油価格は上昇する傾向にあります。

商品CFD

代表的な銘柄:トウモロコシ・大豆等

穀物の場合、需給の影響が大きいため、悪天候などで生産量が減少する恐れなどがあると、価格が上昇する傾向があります。

株価指数CFD

代表的な銘柄:日経225・ダウ・S&P500等

日本(日経225)に限らず、アメリカ(ダウ)や欧州各国(DAX等)、の株価指数はだいたいトレードできるようになっている海外FX業者が多いです。

個別株CFD

代表的な銘柄:アップル・マイクロソフト等

いわゆる個別の会社の株をトレードできます。これら個別株を取引所(東証等)ではなくCFDで取引するメリットは必要資金が少なくて済むことです。(証拠金取引のため)

仮想通貨CFD

代表的な銘柄:ビットコイン・リップル等

ビットコインやリップルなどの仮想通貨もCFDとして取引できる海外FX業者があります。値動きが荒いのでトレードする場合には注意が必要です。

参考:FXGTの特徴と評価!仮想通貨FXもできる注目の海外FX業者

CFD取引の特徴とFX取引との違いのまとめ

<CFD取引のメリット>

  • トレード対象となる選択肢が増える
  • 取引所取引よりも必要資金が少なくて済む

<CFD取引のデメリット>

  • リスク管理をしていないと資金を減らすスピードが速い

<FX取引とCFD取引の違い>

  1. 取引時間
  2. 取引期限
  3. 証拠金の計算方法

海外FX業者は国内FX業者と異なり、FXと同一口座でCFD取引も可能です。

CFDと聞くとFXとは違うもののようですが、実質FXとほとんど差異はありません

FXと同様にチャートを見てトレードすればOK。

トレードの選択肢を増やして効率よく稼ぐ。

そのためにCFD銘柄もトレードしてみることをオススメします。

XMで株価指数をトレードする際の注意点(取引時間・配当・証拠金計算等)を解説
XMの株価指数CFDの特徴と注意点 XMではFXと同一口座で日経225やダウ等の株価指数CFDも取引可能です。ここではXMの株価指数CFDについてまとめていきます。...