FXの基礎

【テクニカル】ローソク足の基礎

【テクニカル】ローソク足の基礎

ローソク足を時系列に並べたものが、チャート。

FXはチャートを見てトレードするので、ローソク足の見方はある程度分かっていたいところ。

ローソク足単体で儲かる手法っていうのはなかなか難しいけれど、ローソク足はテクニカル分析の土台となるところなので、FX初心者きちんと理解しておきたい。

ということで、ここでは、

ローソク足の基礎

についてまとめていきます。

ローソク足の基本的な見方

ローソク足から分かることは、どの値段から始まって、どの値段で安値と高値をつけて、どの値段で終わったのかということ。

始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)を四本値と言いますが、これがローソク足からわかります。

始値よりも終値が高かったら陽線(ようせん)、始値よりも終値が低かったら陰線(いんせん)というローソク足が完成する。

陽線だったら買いが強いし、陰線だったら売りが強いっていうのが簡単な見方になる。

陽線・陰線の作られ方

始値よりも終値が上にあるのが陽線。買いの方が強いことを表すローソク足になる。

始値から終値の部分を実体といい、終値から高値の部分・始値から安値の部分はひげと呼ばれる。(上ひげ、下ひげとも言う。)

陽線は、始値のレートでスタートして、安値をつけてから高値まで上昇、その後終値の位置まで戻されるという作られ方をする。

上記のような値動きで5分足なら5分かけて、日足なら1日かけて1本のローソク足が作られます。

一方、始値よりも終値が下にあるのが陰線。売りの方が強いことを表すローソク足になる。

始値から終値の部分を実体といい、終値から高値の部分・始値から安値の部分はひげと呼ばれる。(上ひげ、下ひげとも言う。)

陰線は、始値のレートでスタートして、高値をつけてから安値まで下降、その後終値の位置まで戻されるという作られ方をする。

上記のような値動きで5分足なら5分かけて、日足なら1日かけて1本のローソク足が作られます。

ローソク足の強弱

ローソク足が集まったものがチャートだけど、ローソク足単体で見ても相場の強弱というのは読み取れる

簡単に言うなら、実体部分が大きいローソク足の方が勢いが強い

陽線で見ると下記のような感じ。

Aは大陽線と呼ばれる形で、実体のみしかないローソク足。

一直線に上昇することでできるローソク足であり、始値=安値・終値=高値になる。

一回も下に戻されることなく上昇しているので、買いの力が強いということが読み取れる。

一方、Bは実体部分が小さく、ヒゲが長いローソク足。

ひげが長いということは、下がっては支えられ、上がっては戻されているってこと。

つまり、参加者に迷いが見られる状況で、買いを売りもそんなに強いとは言えないということが読み取れます。

実体が大きいローソク足が連続で出ているようなら、そちらの方向に勢いがあることがわかり、ひげが長いローソク足が連続で出ているようなら、売り買い拮抗状態だということがわかる。

基本的にトレンドに乗る方がFXでは儲かりやすいので、手を出す場面・手を出さない場面をローソク足だけでも判別できます。

ローソク足単体の反転パターン(ピンバー)

ローソク足単体で反転を表す代表的なものにピンバーと呼ばれるものがある。

ピンバーの作られ方を見ればわかると思いますが、反転の勢いが強い時にでるローソク足のかたちです。

Aは極端に下ひげが長いローソク足。

これは、安値の位置から急激に買われていることを表しています。

そのため、安値圏でこういう足が出た時はトレンド転換のサインになる可能性がある。

一方、Bは極端に上ひげが長いローソク足。

これは、高値の位置から急激に売られていることを表しています。

そのため、高値圏でこういう足が出た時はトレンド転換のサインになる可能性がある。

高値圏や安値圏といった判断をする必要はありますが、ピンバー出現を手法として落とし込めるくらい特徴的なパターンになります。

ローソク足の基本はこんなところですが、どうしてそういうローソク足のかたちになったかという作られ方はきちんと理解しておいた方がいいと思います。