海外FXの入出金

海外FXにおけるBXONE入出金の利用価値を考える

海外FXにおけるBXONE入出金の利用価値を考える
初心者
初心者
BXONEを使っての入出金ってどうなの?
ボナパル
ボナパル
手数料がやや高めなので、あえて使う必要はないかなという印象。ここではBXONEを利用した入出金についてまとめていきます。

この記事でわかること

・海外FXにおけるBXONEの利用価値

・BXONEを利用できる海外FX業者

海外FXの入出金におけるBXONEの利用価値

一部の海外FX業者での入出金で利用できるようになっているBXONE(ビーエックスワン )。

BXONE自体は海外の仮想通貨取引所で、そこがbitwalletやSticPayと同様のオンラインウォレットサービス(BXONEウォレット)もやっています。

海外FXの入出金においてBXONEの利用価値があるのかを検討するため、BXONEを利用するメリット・デメリットを見ていきます。

<BXONEの基本情報>

<BXONEでできること>

入金(クレジットカード or 銀行振込)

出金(銀行振込 or eZpayカードにチャージ)

決済(ネットショッピング等)

送金(海外FX口座やオンラインカジノ口座などへ)

個人間送金(個人への送金)

両替(ドル⇔円⇔ユーロ)

仮想通貨への両替(売買)

<BXONEの取扱通貨>

法定通貨(3種類)
→ 
JPY(円)・USD(ドル)・EUR(ユーロ)

仮想通貨(8種類)
→ 
BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・XRP(リップル)・BCH(ビットコインキャッシュ)・LTC(ライトコイン)・EOS(イオス)・NEO(ネオ)・DAH(ダッシュ)

海外FXの入出金でBXONEを利用するメリット

BXONEを利用するメリットとしては、eZpayカードというプリペイドカードを発行できることがあげられます。

eZpayカードにウォレットからチャージすることで、ネットや実店舗でクレジットカード決済に使用できるほか、各国のATMで現地通貨の引き出しもできます。(当然、日本国内のATMからも円を引き出すのもOK)

チャージ式のプリペイドカードなので、発行にあたって審査もありません。(Suicaを発行するのに審査がないのと同様)

また、BXONEは海外の仮想通貨取引所ということもあり、ビットコインをもらえるキャンペーンが行われている場合があります。

<eZpayカードの手数料詳細>

<よく使うであろう項目>

内容手数料備考
カードの発行/カードの発行キャンセル30ドル
口座からカードへのチャージ1.5ドル
ATMから現金引出1% or 3.9ドル計算して高い方
ATMから現金引出(香港)1% or 4.55ドル
ATMで残高照会0.65ドル
カード決済2%円決済(ドル決済なら1.5%)
eZpayカード間での送金無料

<それ以外の項目>

内容手数料備考
ATMでのPINコードリセット・設定3.9ドル
カード再有効化6.5ドルカードロック時の解除費用
カード利用停止13ドルカードの紛失・盗難時の利用停止費用
不正利用時の購入キャンセル40ドル
休眠口座2.6ドル1年間利用しなかった時に翌月から毎月かかる費用
<ATMからの引き出し限度額>

<ATMからの引き出し限度額>

回数限度額
1回1,000ドル
1日2,500ドル
1年25,000ドル

海外FXの入出金でBXONEを利用するデメリット

BXONEのデメリットとしては、STICPAYほどではないのですが、出金手数料が高めです。

手数料が固定額ではなく、入出金額の数%という決め方なので、出し入れする金額が大きければ大きいほど手数料をたくさん取られます。

場合によっては、海外送金で出金するよりも手数料が安くなる場合もありますが、あえてBXONEを利用しなければいけないということもない印象です。

<BXONEの入出金手数料>

入金手数料出金手数料
法定通貨(国内銀行送金)現在無料1%(最低2,000円)
法定通貨(海外銀行送金)現在無料1%(最低20ドル相当)
仮想通貨無料無料

※両替の手数料も現在無料キャンペーン中です。(2019年9月現在)

ボナパル
ボナパル
仮想通貨の入出金は無料なので、元々仮想通貨クラスタの方が海外FXもやろうという場合には利用価値が見いだせます。

BXONEを利用をオススメする方

手数料が高めのBXONEですが、利用をオススメするとしたら以下に当てはまるような方々になります。

・bitwalletに対応していない海外FX業者を利用している方

bitwalletに対応していない海外FX業者を利用していて、海外送金を利用するよりもBXONEを利用した方が手数料が安く済む場合には、BXONEに利用価値があります。

・eZpayカードを利用したい方

eZpayカードは日本はもちろん全世界のATMから出金可能なので、海外出張の多い方などは利用価値があるかもしれません。

BXONEを利用できる海外FX業者

現在、BXONEを利用できる主な海外FX業者は以下のところになります。

・XM

・BigBoss

ボナパル
ボナパル
まだまだ普及していないといったところ

BXONEの利用価値のまとめ

・BXONEは手数料がやや高め

・海外FXの入出金において積極的に利用する必要もない印象

BXONEは、海外FXの入出金手段としてみた場合、可もなく不可もなくと言った印象。

STICPAYよりは手数料が安いものの、同じオンラインウォレットのサービスならbitwalletを利用した方がよい。

これから海外FX業者で取扱いが増えてサービスもさらによくなったら利用価値がでてくるかもしれません。

現在、仮想通貨取引をメインに行っていて、海外FXもやってみたいと考えている方やオンラインカジノなどで遊んでいる方には相性がいいのではないかと個人的には思います。

<BXONEのアカウント作成手順(画像付き)>

BXONE(ビーエックスワン)のアカウント作成手順と本人確認についてまとめます。

手順としては、以下のとおり。

1、メールアドレスの認証

2、個人情報の入力

3、必要書類のアップロード」

0、BXONE(ビーエックスワン)の公式HPへ

まず、BXONE(ビーエックスワン)の公式HPへ行きます。

1、メールアドレスの認証

bxone_口座開設

「口座を開設する」をクリック。

bxone_口座開設

上記見本のように必要事項を入力します。

パスワードは自分で決めて入力です。

最後にチェックをつけて「Register(登録)」をクリック。

bxone_口座開設

確認画面が表示されます。

間違いがないことを確認して、「Send Activation mail」をクリック。

bxone_口座開設

<日本語訳>

bxone_口座開設

登録完了の表示がされます。

登録したメールアドレスにメールが届いているはずなので確認しに行きます。

登録したメールアドレスにメールアドレス認証のためのURLが貼られています。

普通はクリックすれば終わりなのですが、私の場合にはクリックできなかったのでURLを選択後に右クリックしてURLに移動しました

bxone_口座開設

認証のURLに飛ぶと以下の画面が表示されます。

bxone_口座開設

<日本語>

bxone_口座開設

「Activate your BXCONE account」をクリック。

bxone_口座開設

<日本語>

bxone_口座開設

上記画面が表示されて、メールアドレスの認証が完了です。

「Go to BXONE TOP」をクリックしてマイページに入ります。

2、個人情報の登録

bxone_口座開設

BXONEのマイページに入ると上記のような画面が表示されます。

左側にある「Personal setting(個人設定)」をクリックします。

bxone_口座開設

上記のような画面が表示されますので、「Edit(編集)」をクリック。

bxone_口座開設

上記見本を参考に入力していきます。

性別は、Maleが男、Femaleが女、Otherがそれ以外です。

住所、電話番号は下記を参考に入力しましょう。

上記見本の住所は東京都新宿区西新宿1-2-3の例です。

住所の英語化

住所は、こちらのサイトで日本語の住所を英語に変換できます。

英語に変換したらコピーして口座開設フォームに貼り付けましょう。

電話番号のルール

電話番号はじめの0を抜いて、+81をプラスします

・携帯番号が080 1234 5678の場合
→ +81 8012345678

・固定電話番号が03 1234 5678の場合
→ +81 312345678

全て入力したら「Confirm(確認する)」をクリック。

bxone_口座開設

確認画面が表示されますので、間違いがないかを確認します。

訂正したい場合は「Back(戻る)」をクリックして訂正します。

間違いがないことを確認したら「Confirm(確認する)」をクリック。

「Confirm(確認する)」をクリック。

<日本語>

「Confirm(確認する)」をクリック。

上記の画面が表示され、個人情報が更新されました。

「Back to Personal setting top」をクリックして個人設定画面に戻ります。

3、本人確認(必要書類のアップロード)

bxone_口座開設

個人設定画面の下段にある「Documents」から必要書類をアップロードします。

アップロードする必要がある書類は、本人確認書類と住所証明書類です。

本人確認書類と住所証明書類は、スマホなどで撮影したもので大丈夫です。

本人確認書類と住所証明書類は以下を参考に用意しましょう。

<本人確認書類>

運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・外国人登録証/在留カード・障害者手帳など

※本人確認書類は、基本的に顔写真が入ってるものが必要になる

<住所証明書類>

健康保険証・公共料金の領収書・電話料金の領収書・クレジットカードの明細書・銀行の明細書・住民票・納税関係書類など

※住所確認書類は、発行から一定期間内(3ヶ月以内など)のものが求められる場合があり

「ファイルを選択→Upload」で必要書類をアップロードしましょう。

bxone_口座開設

アップロードするごとに上記のようにアップロードした画像が表示されます。

全てアップロードしたら「Request identifitication approval(身分証明の承認をリクエストする)」をクリック。

bxone_口座開設

確認画面がポップアップされるので「OK」をクリック。

赤枠で囲った部分が表示され、必要書類のアップロードは完了です。

承認されると登録したメールアドレスに承認された旨のメールが届きます。

これでBXONEのアカウントの作成+本人確認は完了です。

BXONEのすべての機能が使えるようになっているはずです。お疲れ様でした。