海外FXの入出金

BXONE(ビーエックスワン)ウォレットの特徴まとめ

一部の海外FX業者での入金で利用できるようになっているBXONE(ビーエックスワン )。

bitwalletやSticPayなどと同じオンラインウォレットのサービスです。

ここでは、BXONEの特徴をまとめていきます。

なお、時間がない人のために、この記事でわかることを簡単にあげておきます。

BXONEでできること

BXONEは海外の仮想通貨取引所で、そこがbitwalletやSticPayなどと同様のオンラインウォレットサービスもやっているという感じです。

BXONEでできることは、以下のとおり。

入金(クレジットカード or 銀行振込)

出金(銀行振込 or eZpayカードにチャージ)

決済(ネットショッピング等)

送金(海外FX口座やオンラインカジノ口座などへ)

個人間送金(個人への送金)

両替(ドル⇔円⇔ユーロ)

仮想通貨への両替(売買)

後述しますが、eZpayカードというプリペイドカードを発行できるのが売り。

eZpayカードにウォレットからチャージすることで、ネットや実店舗でクレジットカード決済に使用できるほか、各国のATMで現地通貨の引き出しもできます。

また、ユーザーの資金はオフラインのコールドウォレットで管理し、二段階認証を用いたセキュリティ対策も行っています。

安全対策はしっかり行っているということですね。

<BXONEの取扱法定通貨(3種類)>

JPY(円)・USD(ドル)・EUR(ユーロ)

<BXONEの取扱仮想通貨(8種類)>

BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・XRP(リップル)・BCH(ビットコインキャッシュ)・LTC(ライトコイン)・EOS(イオス)・NEO(ネオ)・DAH(ダッシュ)

BXONEの入出金手数料

入金手数料出金手数料
法定通貨(国内銀行送金)現在無料1%(最低2,000円)
法定通貨(海外銀行送金)現在無料1%(最低20ドル相当)
仮想通貨無料無料

両替の手数料も現在無料キャンペーン中です。(2019年9月現在)

eZpayカードの詳細

2018年7月より発行が開始されたのがeZpayカードです。

eZpayカードは、チャージ式のプリペイドカードで、クレジットカードのように利用できるほか、世界中のATMから現地通貨を引き出すことができます。(当然、日本国内のATMからも円を引き出すのもOK)

チャージ式のプリペイドカードなので、発行にあたって審査もありません。(Suicaを発行するのに審査がないのと同様)

ただし、eZpayカードを発行するためにはパスポートのコピーが必要となりますので注意してください。

eZpayカードの手数料

よく使うであろう項目
内容手数料備考
カードの発行/カードの発行キャンセル30ドル
口座からカードへのチャージ1.5ドル
ATMから現金引出1% or 3.9ドル計算して高い方
ATMから現金引出(香港)1% or 4.55ドル
ATMで残高照会0.65ドル
カード決済2%円決済(ドル決済なら1.5%)
eZpayカード間での送金無料
それ以外の項目
内容手数料備考
ATMでのPINコードリセット・設定3.9ドル
カード再有効化6.5ドルカードロック時の解除費用
カード利用停止13ドルカードの紛失・盗難時の利用停止費用
不正利用時の購入キャンセル40ドル
休眠口座2.6ドル1年間利用しなかった時に翌月から毎月かかる費用

ATMからの引き出し限度額

回数限度額
1回1,000ドル
1日2,500ドル
1年25,000ドル

BXONEのキャンペーン

BXONEは海外の仮想通貨取引所ということもあり、ビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

アンケートへの回答で5ドルのビットコインがもらえる

現在、BXONEでは、仮想通貨取引に関するアンケートに答えるだけで5ドル(500円相当)のビットコインがもらえます。

アンケートは選択式で11問しかないので、せっかくならもらっておいた方がいいかと思います。

50ドルのビットコインがもらえるキャンペーン

現在、BXONEでは、先着1万人限定で50ドル分(5,000円相当)のビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

キャンペーンの条件は以下のとおり。

1、BXONEで口座開設をする

2、3,000ドルまたは30万円の入金をする

3、3,000ドルまたは30万円の取引をする

日頃から仮想通貨のトレードを行っている方なら、わりと楽にクリアできる条件ではないかと思います。

BXONEを利用できる海外FX業者

現在、BXONEを利用できる海外FX業者は、以下のとおり。

・XM

・BigBoss

ただし、どちらも入金のみの取扱いです。

BXONEへの入金は現在手数料無料で、そこから上記業者への入金も手数料無料です。

そのため、BXONEを利用すると海外FX業者へ手数料がかからずに入金可能だということです。

ただし、海外FX業者への入金は他の手段でも無料にできるものが多いため、積極的にBXONEを利用する理由はないと言えます。(利用することのデメリットもないが)

現在、仮想通貨取引をメインに行っていて、FXもやってみたいと考えている方にとってはBXONEは利便性が高いのではないかと思います。

【総合力NO.1!】XMの評判・評価、強みも弱みもすべて解説!
【総合力NO.1!】XMを利用するメリット・デメリットを徹底解説!XM(エックスエム)は地中海にあるイギリス連邦加盟国「キプロス」に本社がある、ヨーロッパのFX会社です。 日本人向けのサービスをし...
【仮想通貨取引が充実】BigBossを利用するメリット・デメリット
【仮想通貨取引が充実】BigBossを利用するメリット・デメリットBigBoss(ビックボス)はカリブ海に浮かぶ島国セントビンセント・グレナディーン諸島にある海外FX業者。2013年から運営されています...

BXONEのまとめ

BXONEは、海外FXの入出金手段としてみた場合、現状メリットもデメリットもそこまでありません。

これから海外FX業者で取扱いが増えてサービスもさらによくなるかもしれないので、一応アカウントだけ持っておこうかな程度の必要性と言えます。(私は一応アカウント登録はしましたが。)

一方、仮想通貨クラスタの方やオンラインカジノなどで遊んでいる方には相性がいいのではないかと個人的には思います。

参考にしてみてください。