mybitwalletがリニューアルしてbitwalletに。変更点のまとめ

2018年9月10日にmybitwalletがリニューアルしました。

名称がbitwallet(ビットウォレット)になったほか、仮想通貨ウォレットの対応やアカウントステータスによるランク制などが主なサービスの拡充内容のようです。

なお、bitwallet(ビットウォレット)は、海外FXにおける出金の際にメリットがあります。

→ mybitwalletとは?海外FXで利用するメリットはあるのか

bitwallet(ビットウォレット)になったことによる変更点

基本的にサービス拡充のリニューアルのため、特にデメリットとなるような点は見当たりません。

「以前よりも、色々できるようにしたし、手数料やセキュリティも向上させたよ」

一言で言うと、変更点はこんな感じです。

bitwalletにリニューアルしたことによるサービス拡充の内容は以下の通りです。

・名称変更

・仮想通貨ウォレットの対応

・アカウントステイタス制度の導入

・リアルタイムチャート、レート計算機の導入

・セキュリティ基準の向上

ひとつづつ見ていきます。

変更点1 名称変更

mybitwallet(マイビットウォレット)からbitwallet(ビットウォレット)に名称変更され、サイトもリニューアルされました。

URLも「https://bitwallet.com/ja/」に変更されました。(ちなみにリニューアル前はhttps://mybitwallet.com/ja/でした。)

変更点2 仮想通貨ウォレットの対応

法定通貨(円やドル)だけでなく、仮想通貨にも対応しました。

bitwallet(ビットウォレット)にログインすると以下のように口座サマリーに仮想通貨の項目が増えています。

つまり、これらの仮想通貨もbitwalletに保管でき、移動も自由にできるということです。

また、これらの仮想通貨の売買や交換もできるようになっています。

両替・資金移動の中で仮想通貨の交換、購入、売却というのがあるのでそちらを利用して取引もできます。レートについては微妙なので、私が使うことはないでしょう。

なお、既存の法定通貨の資金移動(円→ドルへの両替など)も取引レートが微妙なので、私は使うことはないです。

変更点3 アカウントステータス制度の導入

このアカウントステータス制度の導入は、利用者にとって良いことしかないです。

アカウントステータスがアップすることで手数料が下がります。

上記の表で言うと、これまではトライアルとベーシックしかありませんでしたが、プロとアンリミテッドが増えました。

利用実績によって手数料が下がります。プロなら25%オフ、アンリミテッドなら50%オフです。

これまで銀行への出金手数料は824円でした。

その手数料がプロなら618円に、アンリミテッドなら412円にそれぞれディスカウントされることになります。

プロ、アンリミテッドになる条件は以下のとおりです。入金額か入出金・送金の回数のどちらかの条件を満たす必要があります。

プロになるための条件

直近1年間の入金実績が1万ドル以上 or 直近1年間の入出金・送金回数が10回以上

アンリミテッドになるための条件

直近1年間の入金実績が3万ドル以上 or 直近1年間の入出金・送金回数が30回以上

変更点4 リアルタイムチャート、レート計算機の導入

bitwallet(ビットウォレット)のトップページ下部にあるサービスの項目の中の全取扱通貨リアルタイムチャートをクリックすると見れます。

法定通貨、仮想通貨それぞれあります。

前述のとおり、交換レートのスプレッドがぼったくりすぎるので、私は利用することはないでしょう。

変更点5 セキュリティ基準の向上

bitwallet(ビットウォレット)では、セキュリティ基準を向上させ世界でも最高水準の資産保護対策を導入しています。

具体的には、利用者の個人情報保護のためカード情報セキュリティの国際統一基準である「PCI-DSS」(※1) に完全準拠。

(※1)PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、カード会員情報の保護を目的として、国際ペイメントブランド5社(アメリカンエキスプレス、Discover、JCB、マスターカード、VISA)が共同で策定したカード情報セキュリティの国際統一基準です。

他には、プライバシー専用窓口の新設、仮想通貨のセキュリティ対策として、リスク対策をいくつものフェイズに分類するセキュリティ基準を導入などです。

リニューアルに対する感想

bitwallet(ビットウォレット)へのリニューアルによる変更点についてまとめてみました。

海外FX業者から銀行への出金する際に、あいだにbitwallet(ビットウォレット)を挟むことで手数料が海外送金よりも安くなります。

海外FX業者 → bitwallet(ビットウォレット) → 銀行

私は、上記のような利用しかしていませんが、今回のアカウントステータス制度による手数料の値下げはとても助かります。

現状プロだったので、海外FX業者の口座からもう少し銀行に送金してアンリミテッドまでステータスをあげようかと思います。

また、セキュリティ基準がアップしたことは利用者にとっては安心感が増してよいことだと思います。

bitwalletの法定通貨、仮想通貨の交換レートは、スプレッドが大きすぎて利用価値がないので使わない方がよいでしょう。

関連記事

XMから銀行への出金実例(mybitwallet経由)。100万円出金してみまし...

mybitwalletの口座開設方法まとめ

mybitwalletにおけるクレジットカードの登録方法まとめ

mybitwalletとは?海外FXで利用するメリットはあるのか

mybitwalletの本人確認書類の提出方法まとめ

mybitwalletにおける出金先銀行口座の登録方法まとめ