海外FXの入出金

海外FXでビットコイン入出金を利用するメリット・デメリット

海外FXでビットコイン入出金を利用するメリット・デメリット
この記事でわかること

  • ビットコイン入出金のメリット・デメリット

海外FX業者の中にはビットコインでの入出金に対応しているところがあります。ここではビットコイン入出金のメリットとデメリットについてまとめておきます。

エヌ
エヌ
ビットコイン自体の価格変動が大きいため、あえて使う必要はないかなという印象です。

ビットコイン入出金のメリット・デメリット

  • 送金スピードが速い
  • 安全性が高い
  • ビットコイン自体の価格変動が不安定

海外FX業者では、国内FX業者と違い入出金の方法によってコストに差がでます。

(※国内FX業者は、入出金ともに銀行振込で手数料無料のところが多いため悩む必要なし)

基本的にどの入金に関しては無料の方法もありますが、出金方法が手数料無料ということは少なく、いかに出金手数料を抑えることができるかが海外FXにおける入出金のテーマです。

ビットコイン入出金の手数料は、各海外FX業者が採用しているビットコイン入出金の方法(業者)によって異なるため、ピンキリです。(オススメするほど手数料が安くないことが多い

以下、手数料以外のビットコイン入出金のメリット・デメリットについてみていきます。

海外FXにおける出金コスト

海外FXの場合、出金に関してはコストが発生するのが普通です。

海外FX業者の出金手数料は無料という場合がありますが、そこから自身の銀行口座へ到達するまでに手数料がかかる場合がほとんどです。

海外送金の場合は、中継銀行の手数料(2,500円程度)が取られますし、その他の出金方法でもオンラインウォレットの会社などで手数料がかかります。

そもそもビットコインとは

ビットコインは現在世界で最も取引量が多い仮想通貨になります。

ビットコインは、政府や中央銀行に管理されるのではなく、利用者全員で管理されているため、銀行口座なども必要ありません。

インターネットさえあれば決済などを行うことができるため、幅広い使い道があると期待されているのがビットコインをはじめとする仮想通貨になります。

ビットコインによる入出金のメリット

  • 送金スピードが速い
  • 安全性が高い

送金スピードが速い

ビットコイン入出金は数時間で送金が完了するため、海外送金などと比べると送金スピードが速いといえるのがメリットです。

入金に関しては、口座反映が即時という入出金方法もあるため、ビットコイン入出金が最も良いとは言えません。

※クレジットカード入金・bitwallet入金などは口座反映は即時

一方、出金に関してはどの入出金方法も多少時間がかかるため、ビットコイン出金の送金スピードは速いほうに分類されます。

また、ビットコイン入出金は、銀行口座を介さないため、土日祝日、年始年末問わずビットコインでの入出金が可能なのも隠れたメリットです。

安全性が高い

ビットコインはブロックチェーンという技術を使い、非常に複雑な暗号化方式を採用しているため不正しにくい性質をもっています。

この点においては、通常の法定通貨よりも安全という評価も出ているほどです。

そのため、ビットコインでの入出金に関しての安全性は、既存の法定通貨の入出金の安全性と同じか多少上といった評価ができると思います。

もちろん、相手方が信頼のおける海外FX業者という大前提はあります。

ビットコインによる入出金のデメリット

  • ビットコイン自体の価格変動が不安定

ビットコイン自体の価格の変動が不安定

2009年に誕生したころに比べれば価格の変動は落ち着いてきたとも言えますが、FXで取引されるような通貨に比べたらボラティリティが大きいです。

ビットコイン自体に投機商品という側面があり、決済手段としての価格の安定性という面ではドルや円など他の法定通貨には現状劣ると言えます。

ビットコインの性質上、あらかじめビットコインの全体数が決まっており、急に大量にビットコインが市場に出回ることがないので、急なインフレやデフレが起こりにくい設計にはなっています。

ですが、現状ビットコイン自体の値段の振れ幅が大きいため、入金した時の価値と出金した時の価値が二桁%レベルで変わってくる可能性はあります。

なお、うまくいけば、それで出金額が多くなるということもあり得ます。

ビットコイン入出金に必要なもの

<ビットコイン入出金に必要なもの>

  • ビットコイン
  • ビットコインウォレット

ビットコイン入出金に必要なものを簡単にまとめておきます。

ビットコイン

ビットコインそのものです。

ビットコインで入出金をするなら、入金するビットコインがないといけません。

そのビットコインをどこで買うかという話ですが、これはビットコインの取引所か販売所になります。

例えば、コインチェックとかビットフライヤーとかです。どちらも問題起こしてますけど。

まとめると、ビットコイン入出金をするためには、ビットコイン取引所に口座を開いて、ビットコインを購入するという行為が必要になります。

ビットコインの購入でオススメなのは取引所

取引所は、買いたい人と売りたい人が集まって自由に売買するところ。

一方、販売所は業者が買いたい人に販売するところです。

取引所の方が、基本的には安く買えるためオススメです。

ただし、ビットコインを大量に購入したい場合には、販売所を利用したほうがいいこともあります。(取引所では望む数量が買えない場合があるため)

取引所と販売所の見分け方は、自分で価格を指定できれば取引所。価格を指定できなければ販売所です。

ビットコインウォレット

ビットコインをしまっておく財布にあたるものです。

これは色々と種類があり、Web上で使えるもの、デスクトップ型のもの、モバイル型のもの、ハードウェア型のものなどがあります。

ビットコイン取引所でビットコインを購入してそのままにしておいてもよさそうですが、取引所がハッキングされるなどの恐れはつきまといます。

一番安全なのは、オフラインで保管できるハードウェア型のものになります。

ただし、海外FX業者に入出金する際にはオンラインのビットコインウォレットに入れておく必要があります。

ビットコイン入出金のメリット・デメリットまとめ

  • 送金スピードが速い
  • 安全性が高い
  • ビットコイン自体の価格変動が不安定

ビットコイン入出金は出金の際の送金スピードが速いというメリットがあるものの、ビットコイン自体の価格変動が大きいというデメリットがあります。

元々ビットコインをトレードしていて手元にビットコインがあるという方は選択肢に入る入出金方法ですが、そうでない方にはそこまでメリットがない入出金方法ではないかという印象です。

まとめると、すでに仮想通貨になじみのある仮想通貨クラスタの方でなければ、あえて利用する必要はないかなというのが、ビットコイン入出金の評価になります。