海外FX業者レビュー

BigBoss(ビックボス)の評判!特筆すべきメリットがない海外FX業者

【仮想通貨取引が充実】BigBossを利用するメリット・デメリット
初心者
初心者
BigBoss(ビックボス)っていうFX業者はどういう業者なの?
ボナパル
ボナパル
特筆すべきメリットがあまりない海外FX業者です。ここではBigBossの特徴についてまとめていきます。

この記事でわかること

BigBossという海外FX業者の特徴と評価

結論:BigBossはイマイチな海外FX業者(30点)

以下の理由により、BigBossはイマイチな海外FX業者になります。

<BigBossがイマイチな理由>

・追証なし対象外の基準が曖昧

・金融ライセンスを剥奪された過去あり

BigBoss(ビックボス)はカリブ海に浮かぶ島国セントビンセント・グレナディーン諸島にある海外FX業者。2013年から運営されています。

このBigBoss、特筆すべき利用メリットがなく、微妙なところばかりが目立つイマイチな業者です。

そのため、あえてメインブローカーとして利用する必要はないかなというのが正直な印象です。

ボナパル
ボナパル
BigBossよりも他の業者を利用した方がメリットがありそうな印象を受ける業者です。
<BigBossの会社情報詳細>

会社名:
Big Boss Holdings Company Limited

所在国:
セントビンセント・グレナディーン

所在地:
P.O. Box 1823 Kingstown, VC0100 St. Vincent & the Grenadines

金融ライセンス:
なし(法人登録 LICENCE NO. :23356 IBC 2016)

事業開始年:
2013年

顧客資金の管理:
分別管理

公式サイト日本語化:
日本語化

サポート体制:
・メール(平日24時間体制)

support@BigBoss-financial.com
・ライブチャット(平日10:00~18:00)

公式HP右下より

BigBossがイマイチな理由1:追証なし対象外の基準が曖昧

bigboss追証規定

BigBossは、追証なしの対象外として以下のような行為を規定しています。

<BigBossの追証なし対象外の規定>

・2つの口座で両建取引を行った場合

・指標発表時などの市場の変動性が高い時間帯を狙って取引した場合

・当社の判断により公平性に欠ける取引をした場合

上記2つは、他の海外FX業者でも見るような規定ですが、問題は3つ目。

”当社の判断により公平性に欠ける取引をした場合”というこの規定は、後付けでいくらでも追証を請求できるという風にとることもできます。

現状、不当に追証請求されたという話は聞きませんが、突如として追証請求という可能性がありうる規定なので、注意しとくべきと言えます。

<追証とは>

「追証(おいしょう)」とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての国内FX業者では「追証」を定めた規定があります。

BigBossがイマイチな理由2:金融ライセンスを剥奪された過去あり

<BigBossのライセンス剥奪歴>

ニュージーランドの金融ライセンスを2016年に剥奪される

BigBossは、かつてニュージーランドの金融ライセンスを保有していましたが2016年ごろに剥奪されています。

一見、すごくやばそうな感じもするのですが、ニュージーランドの金融ライセンスは2015年の10月頃に今までの方針を改めて管理・規制を強化しました。(登録・保有の難易度が上がった)

結果、基準を満たせなくなった155ものライセンス登録業者がライセンスを剥奪されてます。

おそらくBigBossも基準を満たせなくなった155社のうちのひとつであり、なにか大きなトラブルを起こしてニュージーランドの金融ライセンスを剥奪されている可能性は低いのではないかと推察します。(新しい基準はクリアできなかったものの)

とはいっても基準を満たせなかった業者ということに変わりはなく、安全性や信頼性が高いとは言えません。

BigBossの安全性:低め

BigBossの安全性は低めといった評価が妥当かと思います。

ゼロカット完備も対象外の規定あり

・金融ライセンスはセントビンセント・グレナディーンのライセンス

・顧客資金は分別管理

・入出金は問題なし

△:ゼロカット完備も対象外の規定あり

BigBossではゼロカットシステムを採用しているため追証(おいしょう)はありません。

つまり、入金額以上の損失がでることは基本的にはありません。

ですが、前述のとおり、BigBossには追証対象外の規定があります。

そのため、本当にゼロカットがきちんとなされるかが何とも言えないところです。

△:金融ライセンスはセントビンセント・グレナディーンのライセンス

BigBossの金融ライセンスは、セントビンセント・グレナディーン諸島のもの。

この金融ライセンスは審査が緩く、それほど取得が難しくないのが実情です。

そのため、金融ライセンスから見るBigBossの安全性は最低限のラインはクリアといったところです。

△:顧客資金は分別管理

日本のFX業者は金融庁の規制により信託保全が必須となっていますが、海外FX業者の場合、分別管理のみのところがほとんどです。

BigBossの顧客資金の管理方法も分別管理のみで信託保全はありません。

<分別管理と信託保全>

分別管理
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理すること

信託保全
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理したうえで、「顧客資金」の口座をFX業者以外(信託銀行等)が管理すること

信託保全がなされると顧客資金を業者が勝手に動かすことが難しくなるため、安全性が高いということです。

海外FX業者の安全性!分別管理と信託保全の違いを理解する
海外FX業者の安全性!分別管理と信託保全の違いを理解する この記事でわかること 分別管理と信託保全の違い 分別管理と信託保全の違い <分別管理と信託...

〇:入出金は問題なし

海外FX業者を利用して怖いのが、資金の出金拒否です。

これをされるといくら稼いでも全く意味がありません。

現状、BigBossはきちんと出金できます。

ですが、出金手数料がどの出金方法でも一律2,000円というのがかなりのデメリットです。

<国内銀行送金(銀行振込)の注意点>

入金の際に振込名義人欄に、必ず「ローマ字表記の名前+口座ID」を記入する必要があります。

これを忘れると入金が自動反映せず、サポートに連絡するという手間が発生するので注意しましょう。

<BigBossの入出金方法詳細>

<BigBossの入金方法詳細>

入金方法口座反映のスピード入金手数料
クレジットカード0~1営業日無料
国内銀行送金無料(5万円以下なら1,000円)
海外銀行送金2~5営業日無料
bitwallet0~1営業日
BXONE(ビットコイン)0~2営業日
ビットコイン
仮想通貨(ビットコイン以外)

<BigBossの出金方法詳細>

出金方法口座反映のスピード出金手数料
クレジットカード2~5営業日2,000円
国内銀行送金
海外銀行送金
bitwallet

BigBossのその他のスペック

BigBossのその他のスペックは以下のとおりです。

・最大レバレッジ555倍

・口座タイプは3種類

・為替以外も同一口座で取引可能

・ボーナスキャンペーンは不定期

・日本語サポートは充実

最大レバレッジ555倍

BigBossの最大レバレッジ555倍

日本国内のFX業者の場合、2011年に国によるレバレッジ規制を受け、最大レバレッジは25倍に制限されています。

結果、日本国内のFX業者で取引する場合に比べて、必要資金が22分の1で済んでしまうのがBigBossを利用するメリットと言えます。

口座タイプは3種類

<BigBossの口座タイプ>

・スタンダード口座(STP)
→ いわゆる標準的な口座

・プロスプレッド口座(ECN)
→ スプレッドが狭い代わりに外付け手数料がかかる口座

・FOCREX(フォークレックス)口座
→ 仮想通貨の現物取引用の口座

BigBossの口座タイプは3種類ですが、FOCREX(フォークレックス)口座は仮想通貨の現物取引専用口座なので実質は2種類です。

スタンダード口座(STP)、プロスプレッド口座(ECN)共にスプレッドは「並」といったところ。

スタンダード口座とプロスプレッド口座でスプレッドにそこまで差がないため、こだわりがない人は普通にスタンダード口座を開設すればいいのではないかと思います。

<BigBossの口座別平均スプレッド>

口座種別スタンダード口座プロスプレッド口座
USD/JPY1.3〜1.5 pips1.1~1.2pips
(0.2〜0.3 pips)
EUR/JPY1.6〜1.8 pips1.4~1.5pips
(0.5〜0.6 pips)
CAD/JPY1.8〜1.9 pips1.8~1.9pips
(0.9〜1.0 pips)
AUD/JPY1.5〜1.6 pips1.6~1.8pips
(0.7〜0.9 pips)
CHF/JPY2.1〜2.2 pips1.6~1.9pips
(0.7〜1.0 pips)
GBP/JPY1.7〜2.2 pips1.7~1.9pips
(0.8〜1.0 pips)
NZD/JPY2.1〜2.2 pips1.9~2.0pips
(1.0〜1.1 pips)
EUR/USD1.6〜1.8 pips1.4~1.5pips
(0.5〜0.6 pips)

※()内は見た目上の平均スプレッド、青字が外付け手数料を足したトータルコスト
※プロスプレッド口座の外付け手数料は往復9ドル

<口座タイプ詳細>

<BigBossの口座タイプ>

口座種別スタンダード口座プロスプレッド口座
口座通貨JPY・USD
最大レバレッジ555倍
契約規模1ロット=10万通貨
取引手数料なしあり(片道4.5ドル)
追証についてなし(ゼロカット)
ボーナスあり
最低入金額なし
平均スプレッドやや狭い
約定スピード
取引ツールMetaTrader 4
取扱銘柄通貨、貴金属・原油、株価指数、仮想通貨
両建て取引可能
1ポジションの最低ロット数0.01ロット(1,000通貨)
1ポジションの最大ロット数50ロット(500万通貨)
強制ロスカット水準証拠金維持率20%以下
最大ポジション保有数制限なし
<FOCREX口座詳細>

<FOCREX口座>

仮想通貨の現物取引専用口座。現物取引なのでレバレッジはなし。

レバレッジありの仮想通貨の証拠金取引ができる海外FX業者はわりとありますが、現物取引までできる口座が用意されているのは珍しいです。

※現物取引とは、そのもの自体を売ったり買ったりする取引のことです。(コンビニでおにぎりを買う取引と同じです)

<取扱銘柄>

シンボル銘柄名
BTC/USDビットコイン/米ドル
ETH/USDイーサリアム/米ドル
ETH/BTCイーサリアム/ビットコイン
EXC/USDEXコイン/米ドル
XRP/USDリップル/米ドル

為替以外も同一口座で取引可能

BigBossでは、通貨だけでなく株価指数CFDや商品CFDも同一口座で取引可能です。

<BigBossの取扱銘柄>

通貨ペア:33種類

貴金属・原油:4種類

株価指数 5種類

仮想通貨 7種類

※仮想通貨は証拠金取引でFXと同じように取引できるもの

<通貨ペア 33種類詳細>
シンボル通貨ペア
AUD/CAD豪ドル/カナダドル
AUD/CHF豪ドル/スイスフラン
AUD/JPY豪ドル/円
AUD/NZD豪ドル/NZドル
AUD/USD豪ドル/米ドル
CAD/CHFカナダドル/スイスフラン
CAD/JPYカナダドル/円
CHF/JPYスイスフラン/円
EUR/AUDユーロ/豪ドル
EUR/CADユーロ/カナダドル
EUR/CHFユーロ/スイスフラン
EUR/GBPユーロ/ポンド
EUR/JPYユーロ/円
EUR/NZDユーロ/NZドル
EUR/SGDユーロ/シンガポールドル
EUR/USDユーロ/米ドル
GBP/AUDポンド/豪ドル
GBP/CADポンド/カナダドル
GBP/CHFポンド/スイスフラン
GBP/JPYポンド/円
GBP/NZDポンド/NZドル
GBP/USDポンド/米ドル
NZD/CADNZドル/カナダドル
NZD/JPYNZドル/円
NZD/USDNZドル/米ドル
USD/CAD米ドル/カナダドル
USD/CHF米ドル/スイスフラン
USD/CNH米ドル/元
USD/JPY米ドル /円
USD/RUB米ドル/ロシアルーブル
USD/SGD米ドル/シンガポールドル
USD/TRY米ドル/トルコリラ
USD/ZAR米ドル/南アフリカランド
<原油・貴金属 4種類詳細>
シンボル銘柄名
XAU/UADゴールド/ドル
XAG/USDシルバー/ドル
UKBrentブレント原油
USCrudeWTI原油
<株価指数 5種類詳細>
シンボル銘柄名
N225日経225(日)
NDXNASDAQ(米)
UK100FTSE 100(英)
SPXS&P 500(米)
WS30Dow Jones(米)
<仮想通貨 7種類詳細>
シンボル銘柄名
BCH/USDビットコインキャッシュ/米ドル
BTC/USDビットコイン/米ドル
EOS/USDイオス/米ドル
ETH/USDイーサリアム/米ドル
LTC/USDライトコイン/米ドル
NEO/USDネオ/米ドル
XRP/USDリップル/米ドル

ボーナスキャンペーンは不定期

BigBossでは、不定期で口座開設ボーナスや入金ボーナスを行っています。

過去にあったのは、口座開設で5,000円の現金プレゼントや累計5,000ドルの入金ボーナスです。

また、2019年7月よりキャッシュバックキャンペーンが行われており、1ロット(10万通貨)につき4ドルがキャッシュバックされます。

BigBossで口座開設をするのであれば、できるだけこの不定期のボーナスキャンペーンが行われている時を狙った方がよいでしょう。

日本語サポートは充実

BigBossは、日本語サポートも完備。メールの返信も早いです。

公式HPもとても自然な日本語です。

英語に自信のない方でも困ることは全くないでしょう。

<BigBossのサポート詳細>

<BigBossのサポート詳細>

・メール(平日24時間体制)
support@BigBoss-financial.com

・ライブチャット(平日10:00~18:00)
公式HP右下より

BigBossの特徴・評価まとめ

<BigBossがイマイチな理由>

・追証なし対象外の基準が曖昧

・金融ライセンスを剥奪された過去あり

ここまで見てきたとおり、BigBossは特筆すべき利用メリットがなく、微妙なところが目立ってしまう海外FX業者です。

そのため、あえてメインブローカーにする理由はないというのが正直なところです。

個人的には、他の海外FX業者の方がオススメです。

オススメの海外FX業者はここだ!
オススメの海外FX業者はここだ! この記事でわかること 私的な海外FX業者の選択基準とオススメする海外FX業者 海外FX業者を選ぶため...