海外FX業者を利用することは違法になるのか?

海外FX業者を利用するのって、国内の法律に触れないの?

と心配する方がいるかもしれません。

なんとなく、違法ぽいイメージのする海外FX。

よくわからないまま利用したら、違法でしたとか確かに嫌ですね。

結論から言うと、海外FX業者を利用してFXをすること自体は、国内のどの法律にも触れません。

そもそも海外FXは海外のサービス

海外FX自体、海外の会社が提供するFXサービスです。

FX取引に必要なシステムサーバーも海外にありますし、顧客から預かった資金についてもその国が所在する銀行口座で管理されています。

また、FXサービス自体も日本の顧客だけに提供しているわけではありません。

日本国内との接点がなく、FXサービスを日本の顧客にも提供しているだけの海外FX業者に日本国内の法律が適用されないのは当然なわけです。

なぜなら、海外FX業者が所在する各々の国の法律が適用されるからです。

金融庁に登録していない業者は危険なのか

日本国内の金融ライセンスを所持していない海外FX業者を金融庁は「無登録業者」として取引について警告を出しています。

海外FX業者が、金融庁に登録していないのは事実ですが、それをもって海外FX業者は危険だという理由になるでしょうか?

金融ライセンスは金融庁だけではない

日本の金融庁が「うちに登録している業者は安全な取引できます」と保証しているように、世界各国にも金融ライセンスを付与する機関があります。

もちろん、金融ライセンスの取得の難易度に関しては差異がありますが、まともな海外FX業者はどこかしらの国の金融ライセンスを所持しています。

そのため、海外FX業者の安全性をはかるのであれば、金融庁のライセンスの有無ではなく、どの国のどの機関のライセンスを所持しているのかというのが必要になります。

つまり、金融庁に無登録の業者だから危険というのは海外FX業者すべてに当てはまるわけではないということです。

本当に危険なのは、どの国の金融ライセンスも所持していないFX業者です。

→ 【評判・特徴】金融ライセンスなし!信頼性皆無の海外FX業者GEMFOREX

海外FX業者が金融庁のライセンスをとらないのはなぜか

メリットがないからです。

金融庁に登録した場合、日本国内の規制が適用されます。

国内FX業者と同様にレバレッジも25倍に制限されるわけです。

海外FX業者は手数料が収入源ですから、ハイレバレッジでガンガン取引をしてもらいたいわけです。

そのため、金融庁のライセンスを取得したところで、収益が上がる可能性が低いためわざわざ登録しないということです。

金融庁はなぜ違法でもない無登録業者に対してきびしいのか

金融庁というより、国の機関全般の要請と言えます。

日本から資金がでていくと、その後の流れが把握しにくくなります。

国内のFX業者の場合は、かなり細かい情報まで役所に提出させられているため、脱税というのはほぼ不可能な仕組みになっています。

しかし、海外FX業者を使って利益を第三国に送金された場合などには、課税の対象かどうか把握しにくくなるという点があげられます。そのような点を金融庁は嫌がっているきらいはあります。

なお、海外FXをやって逮捕されたというニュースは、ほぼ脱税です。

海外FX自体についてではなく、本来課税されるべき利益に対して脱税をしたことが日本国内の法律に触れたわけです。

→ 海外FXで稼いだ利益の脱税は可能か!?

海外FXで稼いだという理由で納税して問題はないのか

海外FX自体が違法ではないので、全く問題ありません。

税務署で説明したところで捕まることは100%ないので、ビクビクする必要はありません。

ただし、国内FX業者とは違い海外FX業者は雑所得の総合課税となるので、その点だけは注意が必要です。

※国内FX業者は申告分離課税で20%です。

→ 海外FXの税金と確定申告についてのまとめ

海外FXの利用は違法ではない!但、税金はきちんと納めましょう

海外FX業者を利用することは違法ではない。

海外FX業者の安全性をはかるためには、どの国の金融ライセンスを所持しているのかという視点が必要。

海外FX業者を使って脱税などをした場合、当然日本国内の法律に引っかかる。

結論としては、海外FX業者を利用しても利益に対して税金をきちんと納めていれば、国内の法律に違反することはありません。

関連記事

ハイレバレッジは危険?レバレッジ何倍なら安全なのか

海外FXと言えばハイレバ!ハイレバレッジ取引の魅力について語る

ECN口座の取引コストは?ECN口座の取引手数料は「pips」換算すると理解しや...

悪質な海外FX業者に騙される前に。金融ライセンスを知れ!

最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」について説明する

分別管理と信託保全の違い。海外FX業者の安全性