FXの基礎

【テクニカル】チャートの見方の基礎

FXはチャートを見てトレード(売買)する。

なので、チャートの基本的な見方ってのはわかっていないとダメなわけ。

ということで、ここでは、

チャートの見方の基礎

についてまとめていきます。

チャートは通貨ペアの左側の通貨が基準

トレードに使うチャートは、どの通貨ペアも共通で左側の通貨」が基準となっています。

例えば、ドル円が上昇しているといった時。

これはドルが円よりも相対的に買われているため上昇しているということ。

逆に、ドル円が下落している時は、ドルが売られて円が相対的に買われていることを意味しています。

要は、ドル円のチャートは、通貨ペアの左側の通貨であるドルの強弱を現しているので、ドルが強ければ上昇、ドルが弱ければ下落のチャートになる。

これは、右側の通貨である円から見た場合、円が強い円高の場合はドル安になるのでドル円のチャートは下落し、円が弱い円安の場合はドル高になるのでドル円のチャートは上昇することになる。

※FXは為替レートの売買なので、通貨ペアのどちらかが強ければ、もう一方は相対的に弱いということになります。

これを理解すれば、「ドル円のチャートが下がっているのに円高?」みたいな疑問はなくなります。

チャートの縦軸は価格、横軸は時間

見ればわかることですが、チャートは縦軸が価格(レート)を表し、横軸は時間を表しています。

5分足のチャートなら5分ごとにローソク足が1本完成し、それが並んで波形を作っていくし、1時間足のチャートなら1時間ごとにローソク足が1本完成し、それが並んで波形を作っていきます。

ちなみに、どの時間軸でトレードするかっていうのは、自分で決めることになります。

ほとんどの人はインジケータを追加してトレードする

通常、ローソク足のチャートだけでトレードしている人は稀で、何かしらのインジケータを表示させている場合がほとんどだと思う。

インジケータは、流れを見やすくするために表示させる人もいれば、エントリー・イグジットのトリガーにするために表示させる人もいる。

どのインジケータを使っているから儲かるってことはなくて、自分のトレード手法に合うものを自分で決めて使うのがいいです。

インジケータの選び方
インジケータの選び方 移動平均線やMACD、FXのチャートに表示させるインジケータはたくさんある。 インジケータの使い方を覚えたりすると、なんか...