ブローカー PR

AXIORYの口座タイプを比較する

ここでは、AXIORY(アキシオリー)に用意されている5つの口座タイプについてまとめていきます。

  • AXIORYの口座タイプはどれを選んだらいいのか?
  • AXIORYの口座タイプごとの差異はなんなのか?

といった疑問を解消するための記事となっています。

⇒ AXIORYの公式HP

AXIORYの口座タイプ概要

AXIORYで用意されている口座タイプは以下の5種類。

  1. マックス口座
  2. スタンダード口座
  3. ナノ口座
  4. テラ口座
  5. アルファ口座

それぞれの口座タイプの特徴を表にまとめると以下のような感じとなっています。

マックススタンダードナノ/テラアルファ
契約サイズ
(1ロット=)
100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍400倍
1倍
スプレッド
(ドル円)
2.9pips~1.5pips~0.3pips~
取引手数料無し
有り
スワップポイント有り
取引できる銘柄FX、株式CFD、株価指数CFD
エネルギーCFD、貴金属CFD
現物株式、ETF
最大取引ロット1,000
10,000
最小取引ロット0.011
ゼロカット有り
ロスカット水準0%
20%
取引ソフトMT4/cTrader
ナノ:MT4/cTrader
テラ:MT5
MT5

契約サイズ:AXIORYでは全口座1ロット=10万通貨
⇒ 【FXの基礎】ロットと通貨数を理解する

最大レバレッジ:大きければ大きいほど必要証拠金が少なくなる
⇒ ハイレバレッジのメリット・デメリット

スプレッド:買値と売値の差で手数料みたいなもの。狭いほどよい。

取引手数料:ナノ口座・テラ口座は往復6ドルの取引手数料がかかります。

スワップポイント:通貨ペアを構成する通貨の金利差によって貰ったり払ったりするもの

最大取引ロット:1トレードで注文できる最大ロット

最小取引ロット:1トレードで注文できる最小ロット

ゼロカット:どの口座タイプでも適用されます。
⇒ 追証なし!海外FXのゼロカットシステム

ロスカット水準:マックス口座は0%。その他の口座タイプは20%です。
⇒ 【FXの基礎】強制ロスカットの仕組みを理解する

取引ソフト:口座開設時に選択

AXIORYの口座タイプ詳細

それぞれの口座について詳しく見ていきます。

マックス口座の特徴

2023年12月に提供が開始した新しい口座タイプがマックス口座。

最大レバレッジが1,000倍、かつ、ロスカット水準が0%になっているのが特徴。

ただし、スプレッドがスタンダード口座よりも広くなっているのに注意です。

それ以外は、スタンダード口座と同様の取引条件。

取引手数料はなく、スプレッドもスタンダード口座と同様、取引ソフトもMT4かcTraderのどちらかを選択できます。

最大レバレッジが大きくなったので、トレードの際に必要となる必要証拠金が少なくなっています。

⇒ 【FXの基礎】証拠金関連のFX用語を理解する

マックス口座
契約サイズ
(1ロット=)
100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍
スプレッド
(ドル円)
2.9pips~
取引手数料無し
スワップポイント有り
取引できる銘柄FX、株式CFD、株価指数CFD
エネルギーCFD、貴金属CFD
最大取引ロット1,000
最小取引ロット0.01
ゼロカット有り
ロスカット水準0%
取引ソフトMT4/cTrader

スタンダード口座の特徴

最大レバレッジが400倍で取引手数料がない口座タイプです。

取引できる銘柄は、FX、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD。

取引ソフトは、MT4かcTraderのどちらかを選択できます。

最大レバレッジはマックス口座よりも小さくなっていますが、スプレッドが狭いため取引手数料がない口座がよいなら、マックス口座よりもこちらかなという印象です。

スタンダード口座
契約サイズ
(1ロット=)
100,000通貨
最大レバレッジ400倍
スプレッド
(ドル円)
1.5pips~ 
取引手数料無し 
スワップポイント有り 
取引できる銘柄 FX、株式CFD、株価指数CFD
エネルギーCFD、貴金属CFD
最大取引ロット1,000 
最小取引ロット0.01 
ゼロカット有り 
ロスカット水準20% 
取引ソフト MT4/cTrader

ナノ口座・テラ口座の特徴

ナノ口座・テラ口座はどちらも往復6ドルの取引手数料がかかる口座タイプです。

ただし、スプレッドが0.3~と狭くなっているため、スプレッド+取引手数料のトータルコストで考えると、AXIORYで最も取引コストがかからない口座タイプです。

ナノ口座・テラ口座の違いは、取引ソフトの違いだけ。

ナノ口座はMT4かcTraderの選択制で、テラ口座はMT5が取引ソフトになります。

⇒ 【FXの基礎】スプレッドと取引手数料

ナノ口座/テラ口座
契約サイズ
(1ロット=)
100,000通貨 
最大レバレッジ400倍 
スプレッド
(ドル円)
0.3pips~
取引手数料有り
スワップポイント 有り
取引できる銘柄FX、株式CFD、株価指数CFD
エネルギーCFD、貴金属CFD 
最大取引ロット1,000 
最小取引ロット 0.01
ゼロカット有り 
ロスカット水準20% 
取引ソフトナノ:MT4/cTrader
テラ:MT5

アルファ口座の特徴

アルファ口座は現物株式とETFに特化した口座タイプ

レバレッジは1倍なので、どちらかと言うと長期投資に向いている口座タイプです。

レバ1倍で長期投資なら日本の証券会社でいいんじゃないかという印象で、使い道の有無は使う人次第かなと。

アルファ口座
契約サイズ
(1ロット=)
最大レバレッジ1倍
スプレッド
(ドル円)
取引手数料
スワップポイント
取引できる銘柄現物株式、ETF
最大取引ロット10,000
最小取引ロット1
ゼロカット
ロスカット水準
取引ソフトMT5

オススメの口座タイプ

AXIORY(アキシオリー)は、どちらかというと、スプレッドが狭く取引コストが少なく済むのが特徴の海外FX業者です。

そのため、口座タイプの選択も最も取引コストが少なくなるナノ口座・テラ口座がオススメとなります。

ただ、取引手数料がかかるのが感覚的に嫌であれば、スタンダード口座かマックス口座を選ぶのがいいと思います。(個人的にはスタンダード口座の方がよいと思う)

⇒ AXIORYの公式HP

まとめ

AXIORYの口座タイプの比較まとめ

口座タイプ比較表

マックススタンダードナノ/テラアルファ
契約サイズ
(1ロット=)
100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍400倍
1倍
スプレッド
(ドル円)
2.9pips~1.5pips~0.3pips~
取引手数料無し
有り
スワップポイント有り
取引できる銘柄FX、株式CFD、株価指数CFD
エネルギーCFD、貴金属CFD
現物株式、ETF
最大取引ロット1,000
10,000
最小取引ロット0.011
ゼロカット有り
ロスカット水準0%20%
取引ソフトMT4/cTrader
ナノ:MT4/cTrader
テラ:MT5
MT5

オススメの口座タイプ

取引コスト最安のナノ口座・テラ口座がオススメ

⇒ AXIORYの公式HP