ナノスプレッド口座は業界屈指の低コスト。AXIORYの4つの口座タイプについて解説

AXIORYには開設できる口座の種類が4つあります。

結論から言うと、ナノスプレッド口座を選択するのがベストだと思います!

以下、解説していきます。

AXIORYの口座種別

スタンダード口座(STP)とナノスプレッド口座(ECN)の2種類があります。

そして、それぞれMT4口座かcTrader口座を選択できます。

よって、口座種別は以下の4種類になります。

・MT4 スタンダード口座(STP)

・MT4 ナノスプレッド口座(ECN)

・cTrader スタンダード口座(STP)

・cTrader ナノスプレッド口座(ECN)

※STP、ECNというのは約定方式になります。

→ DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

スタンダード口座とナノスプレッド口座のスプレッド比較

AXIORYはスプレッドの狭さが売りの海外FX業者です。

そのため、それぞれの口座のスプレッドを表現すると以下のようになります。

スタンダード口座のスプレッド

→ 狭い

ナノスプレッド口座のスプレッド

→ すっごい狭い

以下、口座別の平均スプレッドの比較表になります。

スタンダード口座(STP)ナノスプレッド口座(ECN)
取引手数料なし0.6pips(往復)
ドル円1.5pips1.0pips(0.4pips)
ユーロドル1.3pips1.0pips(0.4pips)
ポンドドル1.9pips1.5pips(0.9pips)
豪ドル米ドル2.1pips1.2pips(0.6pips)
ユーロ円1.7pips1.3pips(0.7pips)
ポンド円2.7pips2.3pips(1.7pips)
豪ドル円2.1pips1.5pips(0.9pips)

※ナノスプレッド口座の()内は取引手数料を加えない見た目のスプレッドになります。

ナノスプレッド口座は取引手数料がかかりますが、取引手数料とスプレッドを合わせた実質コストを考えた場合、取引手数料がないスタンダード口座よりも優れていることがわかります。

MT4口座かcTrader口座か

MT4口座とcTrader口座を比較していきます。

板情報

MT4口座

→ 公式からEAを追加でインストールすることで表示可能。

cTrader口座

→ cTraderの機能として表示可能。

AXIORYでは、MT4でもAXIORYから提供されているEAをインストールすることによって板情報が見れます。

板の表示の仕方の種類はcTraderの方が多く、価格別の板情報だけでなく出来高加重平均価格(VWAP)による板情報なども見ることができます。

個人的には株や先物と同様の価格別の板の表示で慣れたほうがいいと思います。

MT4の板(価格別の板)は下記のような感じです。

cTraderの板(出来高加重平均価格(VWAP)による板)は下記のような感じ。

操作性・機能性

どちらもワンクリックで新規注文を発注することができます。

全決済の機能については、cTraderの方が優れています。

MT4 での全決済はポジションが順番に決済されるため多少タイムラグが生じますが、cTraderの方はすべてのポジションが同時に決済されます。

チャートの性能もほぼ同等ですが、MT4はEAやインジケータが多く開発されているため機能を拡張しやすいです。

自動売買

自動売買については、現状MT4の方が優れています。

cTraderでも自動売買のプログラムは組むことができますが、MT4のEAの方が数多く開発されていることもあり、MT4での自動売買の方がcTraderよりも敷居が低いと思います。

MT4口座とcTrader口座の比較まとめ

結論としては、AXIORYはMT4でも板が見れるため現状これといった差がありません。

よって、好きな方を使えばいいと思います。

MT4でのトレードに慣れていたり、こだわりのインジケータがある方はMT4口座の方がよいでしょう。

オススメの口座

トータルの取引コストが低いナノスプレッド口座がオススメです。

以下の2つの口座のうち、使いたいトレードソフトの口座を開設するのがいいと思います。

・MT4 ナノスプレッド口座(ECN)

・cTrader ナノスプレッド口座(ECN)

なお、AXIORYはボーナスがつかない海外FX業者です。

そのため口座開設はキャッシュバックサイトを経由することをオススメします。

→ 2017年版!オススメのキャッシュバックサイトまとめ

ナノスプレッド口座は、屈指の低コスト口座

AXIORYの口座種別の説明でした。

ナノスプレッド口座は、業界でも屈指の低コスト口座です。

また、cTraderは慣れるととても使いやすいソフトです。

試しに使ってみるのもいいと思います。

関連記事

【評判・特徴】運営の透明性が高い!AXIORYのメリット・デメリット

AXIORYの取扱銘柄一覧

実質取引コストで比較!AXIORYはどの口座を開設するの最もお得なのか!?

信託保全は一応あり!AXIORYの安全性

画像付きで解説!AXIORYの口座開設手順まとめ(TariTali経由)