実質取引コストで比較!AXIORYはどの口座を開設するの最もお得なのか!?

AXIORYはボーナスがない海外FX業者なため、通常の口座開設よりもキャッシュバックサイト(IB業者)経由での口座開設をオススメしています。

AXIORYは「スタンダード口座(STP)」にするか「ナノスプレッド口座(ECN)」にするかという選択、トレードソフトを「cTrader」にするか「MT4」にするかの選択の2つの選択をすることで開設する口座が決定することになります。

キャッシュバックを考慮した時にAXIORYではどの口座を開設するのが最もお得なのかが、この記事のテーマになります。

AXIORYの口座種別

前述したとおり、AXIORYでは「スタンダード口座(STP)」にするか「ナノスプレッド口座(ECN)」にするかという選択とトレードソフトを「cTrader」にするか「MT4」にするかを選択し開設する口座を決定します。

まとめると、AXIORYでの開設できる口座のパターンとは以下の4通りになります。

MT4 スタンダード口座

MT4 ナノスプレッド口座

cTrader スタンダード口座

cTrader ナノスプレッド口座

まず、「スタンダード口座」か「ナノスプレッド口座」かについて考えていきます。

各口座の特徴としては以下のとおり。

・スタンダード口座はSTP方式を採用、外付けの手数料はなし。

・ナノスプレッド口座はECN方式を採用し、外付けの手数料があり。

STP、ECN方式などの意味が分からない方は以下の記事を読んでみてください。

→ DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

取引コストにあたるスプレッドを比較します。

スプレッドに関しては、以下の表のように外付けの取引手数料をいれても「ナノスプレッド口座」の方が狭くなります。

スタンダード口座ナノスプレッド口座
通貨ペア平均スプレッド平均スプレッド+手数料
ドル円1.5pips1.0pips (0.4pips)
ユーロ円1.7pips1.3pips (0.7pips)
ポンド円2.7pips2.3pips (1.7pips)
ユーロドル1.3pips1.0pips (0.4pips)
ポンドドル1.9pips1.5pips (0.9pips)

※ナノスプレッド口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

→ ECN口座の取引コストは?ECN口座の取引手数料は「pips」換算すると理解しやすい

キャッシュバックを考慮しない場合、取引コストであるスプレッドの狭い「ナノスプレッド口座」での口座開設が「スタンダード口座」よりもお得だということが理解できます。

AXIORYでの取引によるキャッシュバック率

AXIORYにキャッシュバックサイト経由で口座開設した場合のキャッシュバック率は以下のとおりです。

 TariTali FinalCashBack
MT4 スタンダード口座3.75USD3.00USD
MT4 ナノスプレッド口座1.50USD1.20USD
cTrader スタンダード口座1.875USD1.50USD
cTrader ナノスプレッド口座0.75USD0.60 USD

※10万通貨のトレードごとに上記のお金がキャッシュバックされます。

上記の表を見た段階で、取引コストを第一に考えるならば「cTrader口座」の選択はなくなります。

どちらのキャッシュバック業者を選んでもキャッシュバック率が「MT4口座」の半分だからです。

ここで最初の4つのパターンから「cTrader口座」のパターンが消え、「MT4口座」の2択になります。

MT4 スタンダード口座

MT4 ナノスプレッド口座

cTrader スタンダード口座  (キャッシュバック率がMT4口座の半分なため)

cTrader ナノスプレッド口座 (キャッシュバック率がMT4口座の半分なため)

キャッシュバック業者である「TariTali」と「FinalCashBack」を見た場合、「TariTali」の方がキャッシュバック率がよいため「TariTali」での口座開設がお得ということになります。

→ 【評判・特徴】抜群の還元力!キャッシュバックサイトTariTali(タリタリ)のメリット・デメリットまとめ

よって、見るべき「MT4 スタンダード口座」と「MT4 スタンダード口座」のキャッシュバック率は以下のようになります。

 TariTali
MT4 スタンダード口座3.75USD
MT4 ナノスプレッド口座1.50USD

上記のキャッシュバック分が取引コストを軽減することになります。

AXIORYの口座種別ごとの実質取引コスト

キャッシュバックを考慮しない場合の取引コストというのは前述のとおりスプレッドの比較でわかります。

そこから、キャッシュバックによって戻ってくる分を引くことで実質の取引コストが計算できます。

まず、キャッシュバックで戻ってくる分がUSD単位だとわかりづらいため、pips換算します。

MT4 スタンダード口座では10万通貨のトレードごとに3.75USDがキャッシュバックされます。

3.75USD÷10万通貨=0.375pips

よって、トレードする度に0.375pips分キャッシュバックで取引コストが削減されることになります。

詳しい計算方法

1ドルを100円とします。

3.75USD÷10万通貨=0.000375ドル=0.00375円

ドル円の1pipsの刻みは0.01円なので

0.00375÷0.01円=0.375pips

※正確に算出したい場合、現在のレートやトレードする通貨ペアによって変わってきますが、だいたいを把握したいので上記のような計算をしています。

同様に、MT4 ナノスプレッド口座では10万通貨のトレードごとに1.50USDがキャッシュバックされます。

1.50USD÷10万通貨=0.15pips

よって、トレードする度に0.15pips分キャッシュバックで取引コストが削減されることになります。

詳しい計算方法

1ドルを100円とします。

1.50USD÷10万通貨=0.00015ドル=0.0015円

ドル円の1pipsの刻みは0.01円なので

0.0015÷0.01円=0.15pips

※正確に算出したい場合、現在のレートやトレードする通貨ペアによって変わってきますが、だいたいを把握したいので上記のような計算をしています。

よって、MT4 スタンダード口座とMT4 ナノスプレッド口座のキャッシュバック率は以下のようになります。

MT4 スタンダード口座0.375pips
MT4 ナノスプレッド口座0.15pips

前述のスプレッドの比較表から、キャッシュバックによって戻ってくる分を引くことで実質の取引コストを計算します。

MT4 スタンダード口座MT4 ナノスプレッド口座
通貨ペア平均スプレッド-CB平均スプレッド+手数料-CB
ドル円1.5pips-0.375pips1.0pips (0.4pips)-0.15pips
ユーロ円1.7pips-0.375pips1.3pips (0.7pips)-0.15pips
ポンド円2.7pips-0.375pips2.3pips (1.7pips)-0.15pips
ユーロドル1.3pips-0.375pips1.0pips (0.4pips)-0.15pips
ポンドドル1.9pips-0.375pips1.5pips (0.9pips)-0.15pips

※CB=キャッシュバック ※ナノスプレッド口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

上記の引き算をした結果が、下記の表になります。

MT4 スタンダード口座MT4 ナノスプレッド口座
通貨ペア平均スプレッド-CB平均スプレッド+手数料-CB
ドル円1.125pips0.85pips (0.4pips)
ユーロ円1.325pips1.15pips (0.7pips)
ポンド円2.325pips2.15pips (1.7pips)
ユーロドル0.925pips0.85pips (0.4pips)
ポンドドル1.525pips1.35pips (0.9pips)

これで「MT4 スタンダード口座」の方がお得になれば面白かったのですが、実質取引コストの比較でも「MT4 ナノスプレッド口座」の方がお得というのが確認できました。

AXIORYにおける口座選択の結論

実質取引コストという観点からAXIORYでの口座開設を検討してきました。

結論としては、キャッシュバックを考慮した実質取引コストが低い「MT4 ナノスプレッド口座」を「TariTali」で開設すべきということになります。

ただし、キャッシュバックによって「MT4 スタンダード口座」と「MT4 ナノスプレッド口座」との取引コストの差があまりなくなっています。

そのため、外付け手数料などがないわかりやすさを求めるのであれば「MT4 スタンダード口座」での口座開設もありだと思います。

具体的な手順は以下にまとめたので参考にしてみてください。

本日のまとめ

AXIORYの口座開設は「TariTali」経由で「MT4 ナノスプレッド口座」選択が最もお得。

実質コストを考えるときは、見かけの取引コストであるスプレッドから戻ってくるキャッシュバック分を引くと考えておけばいいです。

口座開設の参考にしてみてください。

関連記事

信託保全は一応あり!AXIORYの安全性

画像付きで解説!AXIORYの口座開設手順まとめ(TariTali経由)

AXIORYの取扱銘柄一覧

ナノスプレッド口座は業界屈指の低コスト。AXIORYの4つの口座タイプについて解...

【評判・特徴】運営の透明性が高い!AXIORYのメリット・デメリット