国内FX業者を利用するメリット・デメリット

国内FXと海外FXを比較した場合、国内FXにもメリットはあります。

結論から先に言うと、「税金絡み」が国内FXではお得です。

海外FXを薦めるスタンスの私ですが、国内FXについて語っていきまっす。

国内FX業者のメリット

国内FX業者を利用することのメリットを3つあげていきたいと思います。

海外FXよりも税率が低い

国内FX業者を利用する最大のメリットは、税率が海外FXと比べて低いことです。

国内FX業者を利用した場合、「利益に対して、だいたい2割」の税金がかかります。(2017年現在)

正確に言うと、税区分は「雑所得の申告分離課税」に該当し、税率は、20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)となっています。

また、国内FX業者を利用して、年間損益がマイナスになってしまった場合でも確定申告をしておくと、3年間の「繰越控除」というものを利用できます。

3年間の繰越控除とは、3年先の確定申告までの間に利益が発生した場合、確定申告していた分の損失と利益を相殺することができるという仕組みです。

さらに、「損益通算」というものも可能になります。

これは、FXで儲かっていても他の金融商品(CFDやバイナリーオプション、商品先物、日経225先物等)で損失があると損益を合算でき、税金を抑えることができる仕組みです。

※株に関しては、FXと税区分がことなるため損益通算はできません。

一方、海外FXの税金は「雑所得の総合課税」に当たります。

こちらは累進課税となっており、利益の額により税率が最大50%まで上がります。

※給与収入がある場合、それと合算されて累進課税です。

税率が低いことは、国内FXの最大のメリットなのは間違いありませんが、結局は儲かった後の話なので、まずは稼げるようになってからです。

スプレッドが狭い

スプレッド競争が国内FX業者同士の争いになっていることもあり、海外FX業者に比べてスプレッドが狭いです。

ただし、見た目上のスプレッドは狭いのですが、スリッページや急なスプレッドの拡大をFX業者が恣意的に行っている可能性が高いため、実質のスプレッドが狭いかと言われると疑問符がつくところです。

一方、海外FXのスプレッドは国内FX業者よりも広めになっていますが、透明性が高い約定方式を採用しているため、スリッページや急なスプレッドの拡大などはほぼありません。

約定方式に興味を持った方は、以下の記事もどうぞ。

→ DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

出金に手間がかからない

海外FX業者を利用して手間なのは、海外送金で出金しなければならないことです。

※2018年7月現在だとmybitwallet経由の出金が一番手数料が安いです。

→ mybitwalletとは?海外FXで利用するメリットはあるのか

慣れればそこまで大変でもないのですが、出金の手軽さで言えば、出金依頼の次の日には口座に振り込まれている国内FX業者に軍配が上がると思います。

国内FX業者のデメリット

国内FX業者を利用することのデメリットを3つあげていきたいと思います。

追証(おいしょう)がある

これが最大のデメリットになります。

相場が急変した際、強制ロスカットがうまく執行されなかった場合に発生するのが「追証」になります。

「追証」とは、追加の証拠金の意味し、口座内の証拠金が不足したために、追加で証拠金をいれるようにFX会社に請求されるのが、「追証が発生する」という意味になります。

FXで借金を負ったみたいな話は、すべてこの「追証」が関係しています。

追証一撃で人生終わったみたいなことも、可能性としてはありえます。

→ FXは危ない?FXで借金を負ってしまう人がいるのはなぜか

一方、海外FX業者はゼロカットシステムを採用しているため、入金額以上の損失を被ることはありません。

→ 最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」について説明する

レバレッジが25倍

国内FXは、2010年8月1日からはレバレッジ最大50倍、2011年8月1日からはレバレッジ最大25倍までという規制が入り、現在も最大レバレッジは25倍のままになります。

投資家保護を謳ってなされたレバ規制ですが、資金効率を悪くしているだけであまり意味をなしていないと言えます。

「追証」がある時点で、完全な投資家保護はムリなためです。

一方、海外FXはハイレバレッジを維持しており、最大1000倍くらいまでのトレードが可能になっています。

資金量が少ない場合、海外FXの方が枚数を柔軟に変更できるため効率よく資金を増やすことが可能となります。

ハイレバレッジとか危険でしょ?というイメージをお持ちの方は、以下の記事もどうぞ。

→ ハイレバレッジは危険?レバレッジ何倍なら安全なのか

取引プラットホームが各社で異なる

国内FX業者のほとんどは、自社で取引プラットフォームを作っています。

そのため、業者によって微妙に使い方などが違ってきます。

FX会社それぞれで中身がブラックボックスのシステムを採用しているということは、前述したスリッページや急なスプレッド拡大など、トレーダーに不利なことを恣意的に行いやすくなることに繋がります。

一方、海外FXの場合、トレードするためのソフトはどこもMT4(メタトレーダー4)の場合がほとんどです。

海外FX業者を変更しても、プラットフォームが一緒なため、新たに操作方法を覚える必要はありません。

また、多くの海外FX業者が使用しているプラットフォームということは、レートを極端にいじることはできず、透明性が高いと言えます。

結局のところ国内FXは使うべきなのか

国内FX業者を利用する場合、最大のメリットは、税率の低さです。

これはトレード環境ではなく、トレード結果に関してメリットがあるということです。

トレード環境は、追証のない海外FXにメリットがあります。

そのため、資金が多くてすでに稼げるかたは国内FXもありだと言えますが、資金が少なめの方やまだ安定して勝てない方は海外FXの方がよいと言えるでしょう。

関連記事

狙われてる?FX業者によるストップ狩りについて解説する

国内FXがオワコンに!金融庁、FXのレバレッジを10倍程度に引き下げ検討

【レバレッジ25倍→10倍】国内FXのレバレッジ規制について考察する

FXの新レバレッジ規制(25倍→10倍)談義。「影響なし」「業界再編か」

国内FX業者を選ぶならココだ!オススメの国内FX業者

【レバ規制】金融庁がレバレッジ25倍→10倍への引き下げを本格検討。国内FXは来...