TianFX

TitanFXでオススメの口座タイプ

TitanFX

TitanFXの口座タイプは、スタンダードとブレードの2種類。

取引コストが「スプレッドのみ」か「スプレッド+取引手数料」かっていう差異になる。

取引手数料がかかるっていうと、コストが高そうに見えるけど、その分スプレッドが狭い。

なのっで、どちらのトータルコストが安いかっていうとブレード口座になる。

ということで、ここでは「TitanFXのオススメの口座タイプ」についてまとめておきます。

TitanFXにある口座タイプ

スタンダード口座ブレード口座
最大レバレッジ500倍
1ロット10万通貨
取引手数料なしあり(往復7ドル)
取扱銘柄通貨・貴金属・エネルギー等
最低ロット数0.01ロット(1,000通貨)
最大ロット数100ロット(1,000万通貨)
取引ソフトMT4/MT5

TitanFXの口座タイプはスタンダード口座・ブレード口座の2種類。

どちらも業界屈指のスプレッドの狭さを誇ります。

スタンダード口座は、取引コストが「スプレッドのみ」の口座タイプ。

一方、ブレード口座は、「スプレッド+取引手数料」が取引コストの口座タイプ。

スプレッド以外に取引手数料(往復7ドル)がかかります。

この取引手数料の7ドルは、ざっくり0.7pips分に当たると考えておけばOK。

つまり、ブレード口座では「スプレッド+0.7pips」がトータルコストってことになります。

TitanFXでオススメの口座タイプ

結論から言うと、TitanFXではブレード口座がオススメです。

TitanFXはスプレッドの狭さなどを売りにしている業者なので、そもそもこのFX業者を選ぶということは取引コストを重視している人のはず。

なので、単純により取引コストが抑えられるブレード口座の方がいいっていうのが理由にななる。

主要な通貨ペアでどれくらい取引コストが違うかっていうのが下の比較表。

どれも大体0.3pipsくらいは、ブレード口座の方が安く収まる感じ。

通貨ペアスタンダード口座ブレード口座
ドル円1.33pips1.03pips
(0.33pips)
ユーロ円1.74pips1.44pips
(0.74pips)
ポンド円2.45pips2.15pips
(1.45pips)
ユーロドル1.2pips0.9pips
(0.2pips)
ポンドドル1.57pips1.27pips
(0.57pips)

ブレード口座の()内は外付けの手数料を入れない見た目上のスプレッド。

上記のとおり、FXをメインにやる場合にはブレード口座を選んでおけば問題ない。

ただ、ゴールドや日経225などのCFD銘柄は、スタンダード口座とブレード口座でそこまでスプレッドに差異がない。

そのため、CFD銘柄をメインにトレードしている場合には、取引手数料がかからないスタンダード口座を選んだ方がよい可能性もあります。

TitanFXの口座に関するQ&A

Q、TitanFXでデモトレードはできる?

TitanFXではデモ口座が開設可能です

公式HP内の「口座のタイプ」→「デモ口座」から開設可能です。

Q、TitanFXで追加口座は開ける?

TitanFXでは追加口座が14個まで作成可能です

※クライアント・キャビネット(マイページ)から口座開設することで追加口座が開設できます。

Q、TitanFXで法人口座は開ける?

TitanFXでは法人口座が開設可能です

口座開設時に、「法人取引口座」を選択しましょう。(下記参照)

Q、TitanFXの口座の休眠・凍結の条件は?

TitanFXでは下記条件をすべて満たした場合、口座が無効化されます。

  1. 365日ログイン・入出金・取引がない
  2. オープンポジション・ペンディングオーダー(予約注文)がない
  3. 口座残高が0以下