口座開設手順

【画像付き】MYFXMarketsの口座開設手順+本人確認のまとめ

MYFXMarketsの口座開設手順と本人確認についてまとめます。

MYFXMarketsは、口座開設までは基本英語のページが続きます。(口座開設後のマイページは日本語)

Google翻訳などでページを日本語化すれば特に困ることもないと思いますが、まとめておきます。

【スプレッドが狭く、約定力も高い!】MYFXMarketsを利用するメリット・デメリットオーストラリアで最大の海外FX業者Axitraderのホワイトラベルとして、2013年から運営されているMYFXMarkets(マイエフ...

MYFXMarketsの口座開設手順

まず、MYFXMarketsの公式HPへ行きます。

ステップ0 メールアドレスの認証まで

myfxmarkets口座開設

上記の画面がポップアップで表示されると思います。

上記見本に沿って入力しましょう。

パスワードは自分で決めて入力です。(マイページへのログインパスになります。)

最後に「SUBMIT」をクリックします。

myfxmarkets口座開設

メールアドレスに確認メールを送った旨の表示がなされます。

メールをチェックしましょう。

myfxmarkets口座開設

メールアドレスの認証をするためのメールです。

赤枠で囲ったURLをクリックしましょう。

口座開設の登録画面に飛びます。

ステップ1 基本情報の入力

myfxmarkets口座開設

上記見本に従って入力していきます。

住所は、東京都新宿区西新宿1-2-3の例です。

・First Name
→ 名前を入力

・Last Name
→ 苗字を入力

・Gender
→ 性別を選択。男性ならMale、女性ならFemaleです。

・Email
→ 先ほど登録したメールアドレスがすでに入力されています。

・Account Type
→ Individual(個人)かCompany(法人)かを選択します。

・Company Name
→ 個人なら不要です。法人で口座開設する場合には入力します。

・Country
→ こちらもすでに入力されています。

・Phone
→ 電話番号を普通に入力しましょう。

・City
→ 自分が住んでいる都道府県を入力しましょう。

・Address
→ 住所を入力します。住所の英語化は下記を参照。

住所の英語化

氏名は問題ないとして、住所は、こちらのサイトで日本語の住所を英語に変換できます。

英語に変換したらコピーして口座開設フォームに貼り付けましょう。

全て入力したら「NEXT」をクリック。

ステップ2 個人情報の入力

myfxmarkets口座開設

個人情報の入力ですが、アンケートに近いものです。

IB Code

空欄で大丈夫です。

職業

myfxmarkets口座開設

以下の4つから該当するものを選択します。

・Employed(会社員)
・self-employed(自営業)
・Retired(定年した人)
・Unemployed(無職)

年収

myfxmarkets口座開設

以下の3つから該当するものを選択します。

・Less than $20,000(年収200万円以下)
・$20,000-$100,000(年収200万円~1,000万円)
・More than $100,000(年収1,000万円以上)

備考

空欄でOKです。

規約を確認後、「Agreement(同意)」にチェックをして、「NEXT」をクリック。

ステップ3 アカウントの指定

myfxmarkets口座開設

口座タイプを決めていきます。

・口座通貨
→ JPY(円)、USD(ドル)、AUD(豪ドル)から選択。普通に円でよいかと。

・口座タイプ
→ スタンダード口座・プロ口座・クリプト口座(仮想通貨専用口座)から選択。

・口座保有者
→ Individual Account(個人口座)かCorporate Account(法人口座)かを選択。

・レバレッジ
→ 100・200・400から選べます。最大の400でいいかと。

すべて選択したら「NEXT」をクリック。

ステップ4 見直し

myfxmarkets口座開設

本人確認のために必要な書類の案内がされています。

ステップ3までで口座開設は完了しています。

続けて、本人確認を行うため、赤枠の「CONTINUE TO DOCUMENT UPLOAD(書類のアップロードを続ける)」をクリックします。

マイページに飛ぶので、そこで書類をアップロードします。

必要書類のアップロード

myfxmarkets口座開設

マイページ上で本人確認書類と住所証明書類をアップロードします。(マイページは日本語です。)

本人確認書類と住所証明書類は、スマホなどで撮影したもので大丈夫です。

本人確認書類

運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・外国人登録証/在留カード・障害者手帳など

本人確認書類は、基本的に顔写真が入ってるものが必要になる

住所証明書類

健康保険証・公共料金の領収書・電話料金の領収書・クレジットカードの明細書・銀行の明細書・住民票・納税関係書類など

住所確認書類は、発行から一定期間内(3ヶ月以内など)のものが求められる場合があり

本人確認書類と住所証明書類をアップロードしたら、口座開設手順+本人確認はすべて終了です。お疲れ様でした。

あとは入金をして、トレードで稼ぎましょう。