海外FX業者

XMで休眠口座・凍結口座になってしまった時の対処法まとめ

XMで休眠口座・凍結口座になってしまった時の対処法まとめ

久しぶりにトレードしようと思ったら、XMの口座が休眠口座や凍結口座になっていた。

一瞬あせりますが、解消方法があります。

ここでは、XMの休眠口座・凍結口座の解消方法についてまとめていきます。

なお、時間がない人のために、この記事でわかることを簡単にあげておきます。

XMで休眠口座・凍結口座になる流れ

XM口座休眠・口座凍結流れ

XMで休眠口座・凍結口座になる流れは上図のとおりです。

1、取引がない状態で90日間経過で休眠口座に。

2、その後、口座残高があれば毎月5ドルの口座維持手数料が引かれる。

3、口座残高が0になった状態の休眠口座が90日間経過すると凍結口座に。

XMで休眠口座になった時の対処法

休眠口座とは

取引も入金もない状態が90日間続くと、XMでは休眠口座になります。

口座残高の有無は関係ありません。

休眠口座になると、毎月5ドル(500円相当)の口座維持手数料が発生します。

休眠口座とは
取引も入金もない状態が90日間続いた口座のこと

休眠口座の解消方法

休眠口座の解消方法は、取引をする追加入金をすることです。

どちらかの行為をすれば、休眠口座からアクティブ口座に戻ります。

なお、口座間で資金移動をしても休眠口座は解消されません。

休眠口座の解消方法
取引or追加入金をすること

XMで凍結口座になった時の対処法

凍結口座とは

口座残高のない休眠口座が90日間を経過すると、その口座は凍結口座になります。

その場合、下記のような画面がマイページ上に表示されるはずです。

凍結口座とは
口座残高がない休眠口座が90日間経過したあとの姿

凍結口座の解消方法

凍結口座の解消方法は、新たに新規口座開設をすることが唯一の解消方法です。

凍結口座と同じメールアドレスで新規口座開設をすると凍結口座も解消されます。

凍結口座の解消方法
新たに新規口座開設をすること

凍結口座の解消とボーナスについて

凍結口座解消とボーナス

・口座開設ボーナス
→ もらえない

・入金ボーナス
→ 50万円の上限までは、引き続き利用できる

凍結口座を解消するための新規口座開設ですが、この新規口座開設で口座開設ボーナス3,000円はもらえません。

また、入金ボーナスについては上限50万円まで利用していなければ、引き続き上限までは利用可能です。

XMの入金ボーナス

・100%入金ボーナス
→ ~500ドル(5万円相当の入金分まで)

・20%入金ボーナス
→ 501ドル~5000ドル(5万円相当を超える部分から50万円相当入金分まで)

XMの休眠口座・凍結口座に関するよくある疑問

休眠口座・凍結口座から出金可能か?

休眠口座は出金できるが、凍結口座は出金できない

そもそも凍結口座には、口座残高が0にならないとならない。

休眠口座・凍結口座の既存のボーナスの取り扱いは?

口座に残っていたボーナスは全消滅します

口座に残っていたボーナスは、休眠口座・凍結口座に関わらず全て消滅します。

休眠口座になった際に消滅するため、凍結口座になる際にはボーナスはすでに消滅しています。

他の理由で口座凍結になる場合があるか?

XMの取引禁止事項に引っかかると口座が凍結される場合があります
XMの取引禁止事項

裁定取引(アービトラージ)の禁止

・接続遅延を利用した取引の禁止

裁定取引(アービトラージ)の禁止とは、同一口座内の両建て以外は禁止ということです。

別口座(複数口座)を利用しての両建て、他業者を使っての両建ては禁止されているため、口座凍結の恐れがあります。

両立てについて

海外FX業者はゼロカットを採用しているため、別口座・他業者を利用して両立てをするのを禁止しているところが多いです。

相場が大きく動いたときに、一方の口座はゼロカットで損失が限定され、もう一方の口座はすごく儲かるということが可能になるためです。

ゼロカットは、口座残高のマイナス分を業者が負担しています。

そのため、別口座・他業者を利用しての両建ては業者の負担になるという理由です。

接続遅延を利用した取引の禁止というのは、システムの不備をついての取引は禁止ということです。

なお、XMではスキャルピングは禁止事項ではありません

休眠口座・凍結口座の解消方法まとめ

休眠口座と凍結口座の解消方法でした。

どちらも解消方法はありますが、少なくとも90日(3か月)に1度くらいは取引しておくと、めんどうがなくてよいかもしれません。

参考にしてみてください。

【総合力NO.1!】XMの評判・評価、強みも弱みもすべて解説!
【総合力NO.1!】XMを利用するメリット・デメリットを徹底解説!XM(エックスエム)は地中海にあるイギリス連邦加盟国「キプロス」に本社がある、ヨーロッパのFX会社です。 日本人向けのサービスをし...